第一回服用、無事成功

昨夜は夜中0時まで、今日は朝6時から、何度も庭を確認した。
玄関ドアの蝶番がバカになるんじゃないかというくらい、何度も何度も確認した。
モフの姿はどこにもない。
あんなに毛が抜けてしまっては、きっと寒いに違いない。

冷たい雨が、容赦なく地面に跳ね返る。
こんな日は、たとえ元気な猫だって姿を見せたりしない。
どこかでじっとうずくまり、雨が止むのを待つのである。

しかーし!!
b0080718_12360786.png
8時ごろになって、モフを発見。
黄砂をかぶった小汚い愛車の上にいた!!
b0080718_12365632.jpg
「モフ、いい? そのまま待ってて。いい? わかった?」

私はモフに話しかけた。
じっとこちらを見ているモフ。
胸元の毛が抜け落ち、やつれ果てたツキノワグマみたいだ。
顔の皮膚がただれてしまって、それはそれは恐ろしい形相。

私はすっ飛んで家の中に入った。
そして、冷蔵庫に保存しておいた、薬入りのエサをさっと温めた。
適当なサイズの発砲スチロールの箱の中身を廊下にぶちまけた。
空にした箱とエサを手に、静かに外に出た。
そっと庭の隅に、薬と寝床をセッティング。

「これは、お薬が入っているの。だから、絶対食べてね」
そう言い残して、すぐにその場を去った。

30分ほど過ぎた頃、念のため確認しに外に出た。
モフは相変わらず、車の上にいた!!
すぐ上にはカーポートの屋根。
軒下とはいえ、地面に置いた箱よりも、車の上の方が濡れずに済むのだろう。
b0080718_12371467.jpg
ああ、良かった。ほとんど残さず食べてくれた。
ほかに野良猫の姿は見えないし、何よりモフがいる。
食べた主は、モフ自身とみて間違いないだろう。
エサをレンジで20秒だけ加熱した。
薬効が消えてしまってなければいいけれど。

来週も同じ木曜の、できれば同じ朝に、薬入りのエサを食べてくれるといいな。
外にいる以上、繰り返し感染するのは避けられないかもしれない。
でも、とにかく今は、「今」のことだけ考えよう。
モフを痒さ地獄から救い出すのだ。




[PR]
Commented at 2016-04-28 18:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by vitaminminc at 2016-04-29 17:28
♥鍵コメさま♥
本日は、ただいま17時20分あたりですが、まだ一度もモフを見かけていません。
いいんです。来週の木曜日に、薬入りマンマを食べに来てくれればそれで。

うずらは相変わらずいたずらっ子です。先日、お風呂に湯を入れて入ろうとしたら、
片足をつけた瞬間、「ぎゃっ!」と叫ぶほど≪熱かった≫んです。
41℃のぬるめの湯が注がれるようになっているはずなのに、なぜ熱湯が!? 
ヒリヒリする自分の右足に流水にかけながら、よくよく見たら、なんか細かい傷だらけ。
「もしや」と、もう一度湯船にそっと手を入れたら、ちゃんといつもの湯加減でした。
要するに、疲れて爆睡している間に、またうずらに抱え込まれ、甘噛みされまくって
傷だらけにされていたようで。鈍いにもほどがる。とほほ。。。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2016-04-28 13:11 | 生きもの | Comments(2)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30