デル・アミーゴ!

「ゴミというのは、一人一人が──」


ムスコ(大学1年生)が、静かな声で切り出した。

思い起こせばすでに10年余り。
小学1年になった或る秋の日。
ムスコは家から少し離れた場所にある集積所まで、ゴミを運んでいく係となった。
雨の朝も、風の朝も、雪の朝も。
朝っぱらからクソ暑い真夏の朝も。
多少ウンザリした表情を見せることはあっても、文句も言わずに来る日も来る日も。

子猫(←昨年春没/享年10歳)を飼い始めたことがきっかけだった。
猫トイレの掃除をムスメ(姉)に、ムスコ(弟)には家のゴミ出しを命じたのである。
猫のトイレ掃除は、タイミングの関係でかなり得である。
ムスメが家の外にいる間に出た糞尿は、私が始末しないわけにはいかなかったからだ。
それに比べてムスコのゴミ出しは、中止になったためしがない。
あまりにも重いゴミが出た場合は私が出しに行きもした。
が、小学3年生頃からは相当重いゴミであってもムスコが頑張って出しに行った。
軽度の反抗期にあった中学校の3年間も、ムスコは黙々とゴミを出しに行った。
遠距離通学で、まだ暗い早朝に家を出なくてはならない、高校の3年間も。

そのうち、「なんで俺だけが?」と疑問をぶつけてくる日が訪れるのではないか。
長いことそんなことを密かに案じていた。
今うちにいる猫(うずら)は、私と一緒に寝起きする部屋から出たがらない。
今日もドアを全開にしてみたが、廊下にあったおもちゃを自室に持ち込んで遊んでいる。
だから当然トイレも私の部屋にある。
休日ムスメは私の部屋で大の字になって昼寝するくせに、とうに猫トイレの掃除を放棄。
それをムスコが知らないはずはない。

ついに、ゴミ出し辞退宣言か!?



「──自分の出したゴミと向き合う、
ビッグチャンスだと思いますねぇ」

本田圭佑の物真似をするじゅんいちダビッドソンの声真似をして、
ニヤリと笑ったムスコ。
「あ~~~めんどくせー」と言いながら、いつものようにゴミを出しに行ってくれた。



やがてムスコは独立してこの家を出ていくだろう。
年老いた私は、毎朝ゴミの袋を見るたびに、泣いてしまうかもしれない。
小学1年のおチビだった時分から、何年も何年も、
何年も何年も何年もゴミを出しに行ってくれた。
その素朴なやさしさを想って。




b0080718_16191365.jpg


追記:外猫のモフ、疥癬治療失敗。2回目の薬のあと、パタッと姿を見せなくなった。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2016-05-26 16:26 | 笑い | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30