奥(さん)の鞆の浦~2日目~

b0080718_19364461.jpg

広島県2日目。
朝8時過ぎにホテルを出発。
バスに乗って市内の鞆の浦(とものうら)へ。
日本で最初に国立公園に指定された、
のどかで美しい港町。
そこかしこに観光名所が点在していて、
見どころがいっぱい。
b0080718_18271896.jpg
鞆港西側の南端に立つ常夜灯。
安政6年(1859年)建立。
情緒あふれる佇まいは、
今も昔も鞆の浦のシンボル。


b0080718_18333073.jpg
さて、問題。これは何の建物でしょーか?


b0080718_18342819.jpg
ジャーン! そう、ハイカラなセンスが光る、
公衆トイレ!
痛感した。
福山市は、腸と膀胱にやさしい街であると。
トイレの設置数・案内が結構充実している。
前日、千光寺に上る際、
逆に下り坂だった我が身の危機にも対応。
実に素晴らしい! 福山市万歳!


b0080718_18393875.jpg
いろは丸展示館
b0080718_18402974.jpg
「いろは丸」は、伊予国(現愛媛県)大洲藩が
所有していた蒸気船。
龍馬と海援隊が借り受け、
長崎港から大坂に向かっていたが、
鞆の浦の沖合で、
紀州藩の軍艦・明光丸(大型蒸気船)と
衝突し、大破。
龍馬らいろは丸乗組員は、
全員明光丸に乗り移り、
この地、鞆の浦に上陸。
紀州藩が用意した廻船問屋、
桝谷清衛門宅に4日間滞在した。
龍馬は、船には銃が400丁、
金塊8万両(現貨幣価値で164億円!)が
載っていたと主張するも、交渉は決裂。
紀州藩は冗談じゃねーべ
と長崎目指して出港した。
金づる紀州藩を追って、
交渉の場を長崎に移した龍馬。
万国公法なるわけのわからぬ国際法をタテに
紀州藩を非難する流行歌
「船を沈めたその償いは
金を取らずに国を取る」を
意図的に流行らせた。
世論を味方につけた龍馬は、
紀州藩から
まんまと莫大な賠償金を手に入れた。
これが近代海難裁判の先駆けと言われる
「いろは丸沈没事件」である。
ところがどっこい、
最新の検証によると、
衝突原因はいろは丸のミスに有との説も。
2隻の船が衝突しそうになった場合、
互いに右折(面舵)し回避するのが鉄則。
見張りを立てていなかったいろは丸、
左折したために、
右折した明光丸に衝突したという。

1989年から数回(最近では2006年)にわたり、
「龍馬の財宝」を求めて潜水調査が行れた。
しかし沈没船いろは丸からは、
銃も金塊も一切出ていない。。。
はたして、銃と金塊は、
本当に存在していたのだろうか。
検証が正しいとしたら、
悪徳廻船問屋も真っ青な話。
舵を誤り自ら衝突してきて、
勝手に沈没したいろは丸。
その乗組員全員を救助して、
宿まで手配してくれた情け深い紀州藩を
だまくらかして、
大金をせしめたことになる。
なんと狡猾、なんたる策略家、
坂本龍馬、恐るべし!


b0080718_20342701.jpg
小路が大好き! 元気に駆け巡るムスメ

b0080718_19411822.jpg
鞆の浦は、「ひな祭り」イベントの真っ只中。
保命酒の由緒ある蔵元「太田家」に
立ち寄ってみた。

b0080718_19423599.jpg
「保命酒」(ほうめいしゅ)とは、
広島県福山市鞆町名産の薬味酒。
生薬が配合されているため、
「瀬戸内の養命酒」とも呼ばれている。


b0080718_20534276.jpg
桃の節句を再現したお人形。
人並みのデカさ。
ムスメは日本人形が苦手。
こんなのが家にいたら
怖くてたまらない。
そう言いながらも、
よそで見る分には可愛いから好きなんだと。



b0080718_20412351.jpg
古くは江戸時代に作られたひな人形も展示。
奥の部屋では、琴の生演奏も。
好きなだけ写真撮影してくださいとの
嬉しいお言葉。


b0080718_20431855.jpg
こちらは明治天皇雛。
お雛様の右側にいらっしゃるのが、
お子様(大正天皇)


b0080718_20451162.jpg
少々わかりにくいが、うさぎ雛
お内裏様とお雛様が、頬を寄せ合い密着。
このような現代の作品も展示してある。


b0080718_20575718.jpg
私が最も惹かれた「神雛」
それはそれは雅で美しかった。

ほかにも程よい説明を受けながら、
戦災を免れ江戸時代から現存している酒蔵を
案内していただくなど、十分堪能できた。
ムスメも同意見。鞆の浦では、
こちら「太田家」が、一番ゆっくり楽しめた。



正味二日間の旅。反省点は多々あれど、
最たるものは履物の選択ミス。
ローヒールの柔らかいブーツで行ったのだが、
ヒールが低すぎて疲れた。
普通の道なら難なく歩ける、
むしろ歩きやすい靴だ。
だが、尾道は坂だらけ。階段だらけ。
どうしても足に負担がかかる。
「足が痛いから、
もう少しゆっくり歩いてくださらんか」
を連発。
ムスメの行動範囲を狭めた罪は重い。 
尾道から福山に戻るや否や、マツキヨに直行。
衝撃を吸収する、
やけに値の張る高級インソールを購入し、
ブーツの中に敷いた。
2日目はコイツのお陰でだいぶマシに。
コレを入手できなかったら、
靴を買い替えるしかなかったレベル。
なまじ足が小さいと損。
自分の体重を
小さい面積で支えなくてはならない。
人より足が痛くなり易いのは、きっとそのせい。

でも、すごく充実していた。
短かい日程だった分、
密度の高い旅になったように思う。




b0080718_21280245.jpg
靴のせいにするより、足の小ささを嘆くより、
体重をなんとかすっぺ!









                            













[PR]
by vitaminminc | 2017-03-07 20:25 | 人間 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


日々の暮らしに「ん?」を発見


by みん子

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

検索

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月

ファン

その他のジャンル

画像一覧