<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ニャックとまねの木

b0080718_15395251.jpg


   こんにちは。ぼくはニャック。ぼくの池から木が生えたよ。

b0080718_1543143.jpg


       ぅわぁ~。どんどん伸びていくね。天まで届くといいな。

b0080718_15461520.jpg

       ねぇねぇ、いつかみんなでさ、この木に登ってみようか。

b0080718_15485686.jpg


    雲の上まで登ってけるかもよ。

b0080718_15524998.jpg

                  どれどれ?

b0080718_15535721.jpg


    う~ん、高そうだねぇ。

b0080718_15552736.jpg

             高そうだ。登ってけるかな?

b0080718_15564579.jpg


       みんなでえっさ、ほいさ、登っていこうよ。

b0080718_16101399.jpg


  そしたらきっと、

b0080718_160498.jpg


       天猫さんたちに、会えるかもしれないよ。

b0080718_1614033.jpg


              ねぇ、神様、

b0080718_1625380.jpg


    もしいるのなら、ぼくらがそこに辿り着けるその日まで──

b0080718_1644098.jpg

               ゆっくりゆっくり、見守っていてね。




 みなさま、たいへんご無沙汰しております。
 気がつけば、暦の上では今日で夏が終わろうとしています。
 なんてこったい! 8月・・・何もアップしてねーじゃねーか。
 やれ猛暑だ、やれ更年期だのと逃げ口上ばっかりで、おめぇさんそれでいいのかぇ!? えぇ?
 というわけで、駆け込みで「ジャックと豆の木」の真似ごとをさせていただきました。
 狭い鉢から「ど根性」という名の根をあふれさせ、蜘蛛の糸のように、
 下界の猫たちに蔓を差し伸べているのは、いつぞやご紹介いたしましたトイレのアイドル、
 「セローム」さまでございますです。
 根性無しの私の目に、その姿はまるで「神」のごとく神聖に映りました。

 ちなみに「ニャック」は、ムスメが修学旅行(京都)で私への土産に買ってきたお香立て。
 明日から秋とは名のみで、相変わらず亜熱帯ジャングルのような日々が続くことでしょう。
 どうかみなさま、くれぐれもご自愛くださいますよう・・・。
by vitaminminc | 2010-08-31 16:31 | Comments(4)
ムスコ。12チャイ。
今年3月、3つ先の市までチャリ旅に出て、
「まあ! そんなに遠くまで!?」と母(私)を驚かせてから、季節は変わり、ムスコも変わった。
小学校最高学年から中学校最低学年に。上がったのか下がったのかよくわからないが、とにかく、もう「子ども料金」が通用しない学年になった。

夏休みに入って間もなく、そんなムスコが再びチャリ旅に出た。今度は同じ学年の男子6人。
家を出る時は、チャリ旅とは知らなかった。ムスコも知らなかったようだ。
「遊びに行ってくるね。どこで遊ぶか? まだ決めてない。集まってからその時の気分で決めるから」
イージーなムスコの説明に、ただ「熱中症にかからないように小まめに水分補給しなさいよ」とだけ注意して送り出した。

b0080718_11295651.jpg夕刻になってムスコが帰って来た。両腕が、40℃はありそうなくらい、真っ赤に焼けていた。
「スゲーよ、奥さん」
「遅かったじゃない」
「どこまで行ったと思う?」
「どこ?」
「池袋!」
「ひぇぇぇぇぇ~!! チャリで!?」
「全チャリ」

ココは埼玉県さいたま市に隣接する、県中央南部。
おそろしか。男の子は、おそろしか。
炎天下、アスファルトの上を、チャリを漕ぎ漕ぎ、東京は池袋まで行っちまうんだから。

「何か目的があって池袋にしたの?」
「いんや。単に(池袋まで)行けるかな~って感じで」
道路標識だけを頼りに漕ぎ続けたそうだ。途中チャリが走れないような大きい道路も多い。道標もない小さな道路で多少迷いもしたが、無事帰ってきやがった。車で行くのとほぼ同じ経路で往復したらしい。お見事!

そんなムスコの成長を頼もしく思った私だが、陸を海に変えた途端、妙なギャップを感じた。
チャリ旅から2日後、今年も我が家は千葉県の南房総へ出かけた。
昨年は暴風雨の真っ只中の旅行となったが、今年は3日間とも絶好調の天気に恵まれた。
青い空。白い雲。カラッと爽やかな、房総半島の潮風。
なのにムスコが海に入らない。
「水が冷たすぎる」と膝まで浸かって早々に陸に上がってしまった。
昨年は悪天候の中、雨の止んだ束の間の曇りを利用して、荒れた海で野生児丸出しでボディボードを楽しんだのに。

今年はまるで、丘サーファーというよりは、どうぶつの森の住人みたい。
せっせと浜辺で貝を拾う姿は、野生児が一転、乙女になってしまった。
しかしコレも野生的勘なのか? 気温と水温のあまりの違いに、身の危険を感じたのかもしれない。

b0080718_1142553.jpg

迷惑防止条例違反にならないよう、すでに昨年から 水着になるのを 海に入るのを止めた私も、ムスコと一緒に貝殻を拾った。
「やったー! タカラガイをゲット!」
なんてはしゃぎながら、内心は波とじゃれるムスコを見たかった・・・。
by vitaminminc | 2010-08-04 11:33 | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見


by み茶ママ