<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

デトックスペシャル

デトックスといえば、ご存じのとおり、老廃物の排泄・解毒を促し、体内を浄化させる健康法。ダイエット用語として認知された感がある。
今回は、すでに15年近い年月が経つというのに、いまだにムスメとの間で語り種いうか、笑い種になっている、究極のデトックスについて語りたいと思う。

あれは、ムスメがまだ3才になるかならないかという春のこと。
前日まで雨が降っていたせいで、朝から庭で洗濯物を干すのに忙しかった。
すぐ横では愛犬ぽぽが、尾を振り振り、何度も前脚を踏ん張って、でも決して吠えたりせずに訴えていた。
「おかーさん、なんかいつもよりお散歩の時間が遅くはない? ほんと、もう漏れそうなんだけど・・・」
「ごめんね、もうちょっとだからね」

最後の一枚を干し終えると、急いで家の中に戻って幼いムスメに言い聞かせた。
「ぽぽちゃんを急いで散歩に連れてってあげないとならないから、ママが戻るまでこのままテレビ見ててくれる?」
「うん」
「絶対に玄関を開けちゃダメだからね」
「うん」

私はムスメの頭を撫でると、NHKの制作意図を無視し、「おかあさんといっしょ」という番組にムスメを託し、家を出た。
普段はもちろんムスメも連れていく。だが、ムスメはまだ小さい。一緒に連れて歩けば、押し寄せる生理現象を極限まで耐えているぽぽに、更なる我慢を強いることになる。
暖房をつけているわけでもない。火元となるような危険はない。玄関のドアも、「おおかみと七匹のこやぎ」を読み聞かせているムスメなら、絶対開けたりしないだろう。

雨あがりの道を、私はぽぽと一緒に飛ぶように走った。
15分ほどの散歩でスッキリと生理現象を解消させたぽぽと足早に家へ戻ると、玄関の中からムスメの泣き叫ぶ声が聞こえた。
びっくりしてドアを開けた私の目に飛び込んできたのは、玄関ホールにへたり込むように座って泣いているムスメの姿だった。
ムスメは、水溜りの上に座っていた。一瞬、自分の涙でおぼれそうになる、不思議の国のアリスを見た気がした。

ムスメは、自分自身も水分になりそうな勢いで泣いていた。
額から汗、目から泪、鼻から洟、口から涎。
そしてよく見ると、水溜りは薄っすらとレモン色をしていた。
「あらあら、どうしちゃった?」

トイレトレーニングはとうに卒業していたはず。幼いムスメ独りに留守番させた(←お国が違っていたら幼児虐待で逮捕されている)罪。不安になっておもらししてしまったのだろう。
「ごめんね、ママがいなくて怖くなっちゃった?」
しかしムスメは号泣しながら首を振り、玄関ホールの突き当たりにあるトイレを指差した。
「あ、開かないっ・・・ぅえっ、ぅえっ・・・」しゃくりあげながらも健気に説明しようとする。
ふと空気中に違和感を覚え、居間へと続く廊下を振り返ると、そこには思案の果ての落とし物があった。ようやく真相が解明。

ムスメはおかあさんと一緒ではなく独りで「おかあさんといっしょ」を見ているうちに、便意を催した。
居間でパンツを脱いで、意気揚々とトイレに向かったことだろう。
「ひとりでできるもん♪」
しかし、当時の建替前の家は、築25年以上経っていて、全体に歪みが生じていた。
雨が降ったりすると、木製のドアが水分を含んで膨張し、床にひっかかって重くなるのだった。
「そっかぁ。トイレのドアが開かなかったかぁ」
「ぅえっ、ぅえっ・・・ぅわあぁん」

ムスメは、きっとママが帰ってきたら、こう言うつもりだったに違いない。
「ひとりでトイレでウン○できたョ!」
なのに、肝心のトイレが開かない。
パニくった。
脱糞した。
号泣した。
放尿した。
そして、何より、プライドが傷ついた。

ふだんはお人形のメルちゃんみたいに可愛い(←親の強欲目)ムスメが、泣き崩れ顔も崩れた。
ほとんど楳図かずおの「赤んぼ少女」タマミと化していた。
汗、涙、洟、ヨダレ、糞尿・・・。
血液以外全部出トックスふうのムスメを抱き上げ居間にいく。
部屋には、ムスメが脱ぎ捨てた、小さなパンツが一つ。
いじらしくていじらしくて、私は タマミ ムスメをひしと抱きしめた。
「おかあさんといっしょ」は別の番組に変わっていた。

     *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

「まったく、アレこそ究極のデトックスだったよね(笑)」
「出すもん全部出しましたからね」

こんな下ネタを披露すると、ムスメのプライドをさらに傷つけやしないかと心配されるかもしれない。
だが、ムスメは下ネタに関しては、実にケツの穴が大きい おおらかなのである。

b0080718_12293146.jpg

←デトックス前b0080718_12305662.jpg

←デトックス後
by vitaminminc | 2011-02-22 12:34 | Comments(4)

一粒

今月も、いつものようにコレステ病院で出された処方箋を手に、昭和の面影が残る薬局に寄った。
先月から病院で薬を出してもらえなくなって、今回訪れるのはこれで二度目。
時が止まったような店内には、何年も磨かれていない曇ったガラスケースが陳列してある。
その中で一際目を引くのは、佐藤製薬のマスコット、大きなゾウのサトちゃん。おそらく製薬会社から嫁いで以来、季節を問わずサンタクロースの衣装でそこに立ち続けているのだろう。

前回は7:3に分けていた前髪を、今回はオールバックに撫でつけた薬剤師(推定年齢65歳。女性)が、処方箋を受け取って隣室に消えるなり、大声をあげた。
「あっら、ごめんなさい!」
(嫌な予感)
「これ、28日分てなってますけど、1粒足りないんです」
(は? 今1粒って言った?)
男前の髪型が浅香光代のようによく似合う薬剤師が、言うべきことは言った、とばかりに目の前に現れた。
 何と答えればよいのかわからず、しばし硬直していると、
「1粒、足りないんですョ」
ともう一度繰り返した。
「あの・・・」
 1シートではなく、1粒足りない?
「ごめんなさいね、うっかりしちゃって。今回初めてじゃないですよね?」
(カチン)前回身ぶり手ぶりであんなに私を歓迎してくれたのに、何も覚えていないらしい。閑古鳥が啼いているような、別の患者と鉢合わせることもないような、閑かな湖畔の森のかげを訪れた、この珍しい私のことを?
「先月も来ました」
「ですよねぇ」(嘘つけ)
「どうすればいいですか?」(ホント、こんな場合どうすればいいの?)
「何でしたら、今日27日分お持ちになります? 後日1粒取りにいらしていただいて」
どうも、たった1粒だけ取りに来なければならないというところが癪に障る。
「もう、明日の分もない状態?」
「いえ。明日の分くらいはまだありますから。じゃあ、後日まとめて28日分受け取ります」
「あ~ら、そうしていただけます? 悪いですねぇ」
悪い。この手の薬は、通常1週間単位で処方されるものではないのだから、残量が少なくなった時点で発注してくれないと困る。
「で、いつでしたら確実に受け取ることができますか?」
精一杯の抗議の意を込め、そう尋ねると、薬剤師は言ったものだ。
「何でしたら、今すぐ電話すれば、今日の夕方にでも届くんですけど」
日に二度もここまで往復させられてたまるかい。
「なら、明日また出直します」
「あら~、そうしていただけます? 悪いですねぇ」
悪い。
「ではこれ、預からせてもらっていいかしら?」
ひえぇぇ~! 処方箋とお薬手帳を人質に取られた。しかも、小心者だから「嫌です」の一言がいえない。
曖昧に黙っている私の反応を、同意と受け取ったらしい。薬剤師は素早く処方箋を奥にしまい込んだ。
「明日でしたら、そうですねぇ、13時から14時半くらいを除いて─お昼をとりに出ますのでね─ほとんど店に居りますから」
(カチン)
「その時間に、来るつもりだったんですが・・・」
「あら~。でしたら、いらっしゃるまでは必ずお待ちしていますから」
ったりめーだ。あぶねーあぶねー。また受け取り損ねるところだったではないか。
真面目に働いてくれ。営業時間内は店を留守にするな。調剤薬局はほかにもあるんだ。

翌日、予告時間通りに薬局を訪れた私に、今度はさすがの太平楽の薬剤師も、用意万端で出迎えた。
「はい、ちゃんとお薬手帳にも記しておきましたから。本当に申し訳なかったですねぇ。次からはこんなことのないよう気をつけますから。でも私のことだから、
ついうっかりなんてことがないとも限りませんけど(笑)」

笑いましたね。笑っちゃいましたね。
やめたやめた。案外バカ正直な、イイ人なのかもしれない。でも無駄足を踏まされるのだけは勘弁。
次からは、病院の窓口に置いてあった調剤薬局3か所の場所を示した地図を手に、ほかの薬局に変えよう。

 emoticon-0159-music.gif あと一粒の涙が ひと言の勇気が
 emoticon-0159-music.gif 明日を変える その時を見たんだ(ファンモン「あとひとつ」より)
by vitaminminc | 2011-02-19 13:35 | Comments(0)

瓦礫の部屋

b0080718_1585343.jpg


b0080718_1595763.jpg


(ーー;) ムスコ・・・。

いくらなんでも、こりはすごすぎはしないか?

たまの休みを利用して、部屋に掃除機くらいかけてやるべとドアを開けてみりゃー、

なんですか、この惨状。

わけのわからん紙くずが散乱して、床が見えない。

将来ゴミ屋敷の住人になれる素質100%。

おまけに先日のバレンタインデーにチョコを贈ってあげた私が、

「こういう高級チョコよりホントはキットカットの大袋の方が良かったりしてね」

と冗談を言ったら、

「いや、奥さん。それより来年からはカップ麺を箱(ダース)でお願い」

って。

(T{}T) ちったー母に夢を見させてくりよ。
by vitaminminc | 2011-02-16 15:21 | Comments(4)

さよなら、GFJ

「ごめんなさいねぇ、お待たせしちゃって─」
 とその薬剤師はいった。
 前髪をきっちりと7:3に分け、襟足を刈り上げに近いほど短く切り揃えた、妙に男前のヘアスタイルをした60代半ばの女性である。
「お名前を漢字で入力しなければいけないのに、うっかり変換しないままEnterを押しちゃって。今、最初から入れ直してるので─」
 ガラスの引き戸を隔てたすぐ隣の部屋で、PCと格闘している気配が伝わってくる。思わず苦笑いをしながら「大丈夫ですよ」と答えた。
 昨年までは、通院先の病院窓口で受け取ることができて楽だったのだが、今年から変わってしまった。薬の代わりに手渡されたのは、調剤薬局の場所を示した地図だった。

 時間が止まったような小さな町の薬局。古く重厚な木枠に埋め込まれた別珍のクッションに腰掛けながら、私は薄暗い店内を眺めていた。
 ここに来て、ベテラン薬剤師に大歓迎されてから、すでに10分ほどが経過していた。この場合は、患者ではなく「客」というべきなのか? 待っている人間は私ただ1人だった。
「はい、おまちどうさま」
 男性用整髪料で撫でつけたような7:3の前髪を光らせて、ようやく薬剤師が出てきた。
「ご存じ? グレープフルーツがダメなこと」
「え? ダメなんですか?」
「病院では聞いてない?」
「はい」
 薬剤師の目に、土俵入りした横綱のごとき光が宿った。オレさまの ワタシの出番だと言わんばかりに活気づいている。
「あのね、グレープフルーツに含まれる渋み成分ね、あれが貴女のお薬だとイケナイの」
「もう食べちゃダメってことですか?」
「そうなの。一日にたった一錠服用するだけだから大丈夫かといったら大間違いでね、日に1錠だけ飲めば効く薬っていうのは、普通24時間効用があるってことなの。だから、朝薬を飲んだから、夜ならグレープフルーツを食べてもいいかって言うと、それはイケナイってこと」
「ぅわ~ショック。グレープフルーツ、結構好きだったんですョ」
「それと、同じく渋み成分を含んだものとしては、文旦、それにスウィーティもダメ」
「金柑は?」
「あ、ソレは平気」
「スダチは?」
「ソレも平気。レモンもオレンジもデコポンも大丈夫」
 そんなやり取りを延々続け、大いに気に入られたのを実感しつつ薬局をあとにした。
 途中、スーパーの店先に並んだ果物を見て、伊予かんと八朔が大丈夫か否かを聞き忘れたことに気づいた。金柑やスダチよりもよほど口に入れる機会が多いはずなのに。引き返して確認するのは止めにしておいた。丁寧な説明を聞くのに、もう10分費やすには時間が惜しかった。

 TKG(卵かけご飯)に続き、今度はGFJ(グレープフルーツジュース)もか。
 ダメと言われると、それほどまでではなかったグレープフルーツへの愛着が、じわじわと湧いてくる。
「卵は食べないようにしてくださいね」と前に医師に念押しされたとき、「白身だけならいいですよ」と慰められたが、今回は思いのほか厳しかった。
「ミックスジュースは必ず成分表示を確認してくださいね」と薬剤師はいっていた。「ミックスされた果汁の中に、グレープフルーツが入っている場合もあるから」
 私の中でGFJは、絶滅した動物たちと同じ位置づけとなった。

 医薬分業になってから、同じ薬に支払う金額が500円ほど高くなった。でも、病院では教えてもらえなかったような注意事項が聞けるのなら、良しとするか。知りたくなかった気もするが。
b0080718_20173955.jpg


 
by vitaminminc | 2011-02-12 20:23 | Comments(0)

無念じゃ

emoticon-0101-sadsmile.gifうぅ~~~。残念。 

またしても、合格ならず。 

社会人に門戸を開放している大学は数あれど、私が合格を目指している大学は、ただひと~つ! 

それはそう、あの有名な、 ♪都の西北・・・ の校歌で知られる、憧れの某大学emoticon-0152-heart.gif

しっかり充電して、再チャレンジします!

みなさま、どうか応援してください。
 
by vitaminminc | 2011-02-02 12:01 | Comments(4)

日々の暮らしに「ん?」を発見


by み茶ママ