中二ワールド

 ムスコは今現在、中二であります。

 ムスメが大学の友人に言われたそうでありますです。
 「え~! 弟さん、今中二なのぉ? それじゃまさに─」
 そう。
 中二病(or厨二病:ちゅうにびょう)とは:
 ちょうど中2くらい、思春期真っ只中にある、主に男子にありがちな痛い言動傾向に対し、「小児病」(1小児に特有な病気の総称。 2考え方や行動が幼稚で、極端に走りやすい性向)をパロッて命名された俗語。
 例としては、英語もろくにわからんくせに、やたら洋楽ばかり聴き出してみたり、本当は不味いくせに無理してブラックコーヒーを飲んでみたり等。
 伊集院光の深夜のラジオ番組中で使われたのが発端らしい。自意識過剰やコンプレックスから発する言動を指すコトバであるから、無論オムロン、医学上の「病気」あるいは「精神疾患」とは全然関係にゃい。

 一方、オカンが買ってくるノー・ブランドの服でもツベコベ言わずに無頓着に着ちゃうオレって逆にカッコイイ? みたいな、いわば開き直り的性格を裏中二病と呼ぶらしい。
 うちのムスコのように、おそらくハンパなく自意識過剰でありながら、それ以上に人見知りが激しいために、オカンを伴って少し遠くの美容院へ行き、オカンを介してヘアスタイルの注文をつけるタイプは側なのかもしれない。(笑)

 昨年のクリスマスは、わが家に5人の中一男子がやってきたが、今年は別の友だちの家に8人もの裏中二病男子が集結。(ほっ)
 むさくるしいっちゅーねん!
 揃いも揃ってマイペースなので、何ら打ち合わせをすることなく、それぞれが適当に飲食物を持ち寄った。
 その結果、昼飯もポテチー、おやつもポテチー。1人当たり3~4袋のスナック菓子を食べまくり、際限なくコーラを飲む羽目に。なんとジャンクなクリスマスでありましょうか。

 家に帰るなり、ポテ腹を抱え、「ぐるじい、ギボヂ悪い」を連発。太田胃酸A錠を飲んで、ケロリと膨満感から解放されるやいなや、猛然と鍋に向かい、バカスカ喰うではありませんか。〆のウドンは3人前。
 しかし、裏側ながらも一応自意識過剰であるように、必死に腹筋運動をこなし、蟹腹を取り戻すことに余念がないのでありました。忙しいことよのぅ。

 「今年のヒット作は、何と言ってもアレだな」
 ムスコが私のダイニングチェアに座って一年を振り返りました。
 「Kが言った、キャンタマ袋の緒がキレた!だな・・・・・・ひゃっ、って何なんだよ?(←どこを指すんだよ、の意)ひゃははは、あ~はっはっは・・・・・・」

 ムスコは洒落た洋楽など聴きません。ボカロに凝っています。
 オカンの時給よりも高額な雑誌に月の小遣いの大半を注ぎ、荒れ狂った部屋の中、唯一の聖域ともいうべき寝床の壁に、そのマニアックな雑誌のマニアックな付録であるマニアックなカレンダーが貼られています。
 おい。大丈夫か、という感じでありますです。
 
 このように幼児性が色濃く残る、裏中二病患者というのもまた、見ておかしく聞いておかしいのでありますですます。
 
 今年もおバカな記事に眼球を拝借できましたことに、心より感謝いたしますです。
 どうもありがとうございました。
b0080718_954224.jpg

 
by vitaminminc | 2011-12-28 10:02 | 子ども | Comments(2)

地獄の組閣案

だ~いぶ前のコラムになるが、2月27日付産経新聞の産經抄で、3月1日発行の雑誌『正論』の記事を紹介していた。大震災が発生する10日ほど前に書店に並んだ雑誌記事である。

『これが日本再生の救国内閣だ!』というテーマで、保守派の論客50人が、誰が日本を救えるかとのテーマで《組閣シミュレーション》を発表したという。
保守派なだけに、世論調査とは違った観点を持ち、首相としては50人中14人が安倍晋三氏を推し、石原慎太郎氏、平沼赳夫氏らがこれに続くほか、衆院議員稲田朋美氏の人気も高く、ほとんどの人が首相か閣僚に推していたそうだ。

つまらん! 保守派のいうことはつまらん!

が、1人異端児がいた。ニーチェの研究で知られる適菜収氏だけは、異色の《閣僚名簿》を携えていた。それによると―

 ☆首相⇒小沢一郎氏
 ☆外務相⇒鳩山由紀夫氏
 ☆財務相⇒菅直人氏
 ☆文化相⇒輿石東氏(日教組出身!)
 ☆官房長官⇒仙石由人氏

―といったスタ(れた)メンばかり。

政治に疎い私ですら、狂気の沙汰としか思えない(笑)。

適菜氏のコメントが利いている。
『この内閣で(国民が)一度地獄を見て、悔い改めない限り日本の再生はない』

昨日のテレビニュースは、小沢一郎氏が相変わらず小沢一郎であることを再認識させてくれた。
小沢氏は、消費税引き上げなど言語道断、公約違反も甚だしい、と与党民主党を斬っていた。
呆れて目が点、顎も外れかけた。
反対するだけで、代替案はねーのかよ。
この姿を見て、(知らない人は)誰が彼を民主党一味と思うだろう。家庭内別居か与党内野党か。
こども1人に対し一律2万6000円支給します、という無謀極まりなかったこども手当ての廃止については、臭いものに蓋をするようなやり方をしてくれたが、もっと恥じ入るべきだったのでは? 「公約違反もいいとこ。ごめんね」と、もっと国民に詫びるべきだったのでは?

逆説的組閣で首相に推される前に、甘い汁ばかり吸ってないで、とっとと離党すればよかったのだ。
そして、小沢一郎党を旗揚げしてみ。
by vitaminminc | 2011-12-14 22:29 | Comments(0)

ライ麦畑で笑わせて

 酒好きが飲兵衛なら、酒の肴が好きなのは喰(くぅ)兵衛だろうか。
 下戸のくせに居酒屋メニューが大好きである。
 先日、職場の仲間と3人で、早々と忘年会をやった。
 日取りも早けりゃ時間も早い。
 3バカトリオの1人が来週末に大腸ポリープの切除を控えているからである。
 「内視鏡が腸を突き破らないとも限らない。死ぬ前に酒席を」
 との理由により、午後2時から居酒屋にゲートイン。

 私以外の2人は女だてらに相当イケる口である。酒豪である。人の皮をかぶった蟒蛇である。
 個室に通され、よっこいしょと座るやいなや早速ビール・ジョッキをオーダー。
 私はといえば、セットものの食事+ソフトドリンク飲み放題。
 でかいジョッキ2つにジンジャーエールの入ったグラスを突合せ、
 「乾杯!」
 「乾杯!」
 「乾杯!」

 続々とつまみが運ばれてくる。ガツガツとつまみを喰う。
 しっかり一人前の食事を平らげつつ、ちゃっかりつまみも3等分。
 辛口の赤ワインボトルを空けた2人に運ばれて来たのは、「一番札 特撰」ボトル。お湯割用の湯が入ったポットも一緒である。
 「アルコール25%なんて、水とおんなじ♪」
 私も苺オレ、オレンジジュース、カプチーノ、ゆず茶、ウーロン茶、ホットカルピス──何度店員さんに運ばせたことか。

 ランチタイムはとっくに終わっていて、夜の部にはまだ日が高い。
 トイレに立ったら、我々のいる一角だけが異空間。団体客かというくらい騒がしい。
 トイレの中にまで2人の会話が聞こえくる。ほかはシーンとしたものだ。

 2人はいいコンコロもちになっている。ケタケタ笑い、声がでかくなり、同じ話を繰り返す。
 上機嫌で飲んでいる酔っ払いが大好きだ。
 1人は私よりも4、5才年上、もう1人は私よりも4、5才若い。
 大腸でポリープを栽培している年上が、再びいう。
 「これが飲み納めかも。ポリープ取るとなると、生きて帰れる保証はないし」
 年下が吹き出す。
 「先生の腕は確かだよ」と私。「あの病院紹介したの、私なんだから」
 「あたし、あんなに痛い思い、もうしたくないわぁ」
 「大丈夫。私もすごい痛がりなんで、予め麻酔頼んだ。ぽわんとしたまま終わったョ」
 「ホントに?」
 「もっとも私はポリープはなかったんだけどね」
 私と年上の会話を聞きながら、年下があーはっはっと笑う。
 「ならやっぱり痛いかも。F病院で受けた内視鏡検査、死ぬほど痛かったのよ」
 「だから痛くない病院を紹介したんじゃん」
 「でもポリープを取るとなるとねぇ」
 年下が、いーひっひっと笑い崩れる。どうやら『ポリープ』がツボらしい。
 「麻酔してくださいって頼んでおけば、ちゃんとしてくれるョ」

 年下の方は、さっきから職場のシステムに関し、元気にまくし立てている。
 「バカなのよ。バカで素人のくせに、しょーもないことばかり導入して!」
 人差し指と中指で、花札でも返すみたいにテーブルをひっぱたく。
 「そーだそーだ」
 「その尻拭い、いったい誰がやってると思ってるんだ!」
 「バーカバーカ」
 「タコ! タコども!」
 「そーだ、ウ○コどもめ!」
 つい調子に乗って合いの手を入れたところ、年下が「きゃ~♪」といって私の首を絞めにかかった。
 「や、やめ・・・」
 「もう、みんこさんのそーゆーとこが好き♪」
 首をさらに絞めてくる。絞めながら私の頭にキスしている。声も大音量。かなりうるせー。
 「し、死ぬ・・・ぐるじ・・・」
 やっと解放されたと思ったら、今度は頭をポカポカはたかれる。
 痛いので頭にきて私も叩き返す。
 「痛ぁい!」
 「痛いのはこっちじゃい!」
 笑う。アホみたいに笑う。アホとしかいいようがない。アホそのものである。
 麦のアルコールを含んだ呼気に私も酔っ払う。うひゃひゃ♪
b0080718_17151710.jpg



 5時間居座った。飲んだ。喰った。笑った。
 ワイワイいいながら会計を済ませて(どこかに理性が残っていたらしく、ワリカンでいいといったのに、私の分を安くしてくれた)、2人が私の車に乗り込んだ。
 「悪いわねぇ」
 「なんのなんの」
 「じゃ、よろしくね!」
 「任せてくんな!」

 小さな車の中、大音量で話している。
 うるせー。
 「このまま真っ直ぐでいいの?」
 「いいのいいの」
 「あの信号は?」
 「まっすぐまっすぐ」
 ギャーギャー。わいわい。
 2人しか乗せてないのに、やたらうるせー。

 1人降ろし、2人降ろし、私だけになった。
 目尻が下がっている。CDを流した。
 酔っ払い、デラかわえぇ。。。

 ライ麦畑の送り役、そういうものに、私はなりたいんですよ。馬鹿げてることは知ってますよ。
 でも、ほんとになりたいものといったら、それしかないですね。馬鹿げてることは知ってますけど・・・
by vitaminminc | 2011-12-10 17:26 | Comments(4)

Oh, 迷子っ!

もしかしたら、世界中で私だけなのだろうか。
毎年この時期、PCの中で迷子になるのは。

私は年賀葉書を自分でつくる。
外注しない。ガイチュウはグレゴール・ザムザ以外認めない。

無料素材やさんを巡り、無料イラスト、無料写真、無料デザイン文字、無料テンプレートなどを拝借。
感無量である。

それらを自分でレイアウトする。誰もが普通にやっていることだ。
いや、そこに至るまでが普通じゃない。激しく苦労する。私だけ?

たとえば看板のステキなイラストに惹かれて、ある無料素材屋さんに入るとする。
ええと~、看板に出ていたイラスト類は、どこでナマゾン(名前をつけて保存)できるんだ?

そうそう、あれって2012年の素材だもんね。
ならばと[2012イラスト]という項目をクリックする。

ちがーう!! なんか全然違うイラストのオンパレード~!!
別のサイトに紛れ込んでしまっているではないか。

[辰]だな、うん、こっちの項目でサイト内検索してみっぺ。
はい? どうして? 無料素材屋さんに来たはずなのに、なんで有料???

入口はどこですか。なぜそんなにも目立たないのですか。
どこから入ればそこに行けるのですかぽんたん。

よしよし、最初から入り直すとしよう、「2011 無料 イラスト」確かこのキーワードだったはず。
あれ? 最初に出た、あのステキなイラストを扱っているサイトに行き当たらない!

キーワードの順番が違ったか? スペースなんか空けなかったっけ?
「2011 無料イラスト 辰」ではどうだ?

ちが~う! あのイラストを扱っているサイトはいずこへ・・・。
もしかしたら幻影だったのだろうか・・・。

デパートなんかもそうだ。わざと一気に目的地にたどり着けないようになっている。
1フロア上下するたびに、店内を小さく一巡しなければエスカレーターを乗り継げない。

このエスカレーターの設置方法により、客は購入目的以外の商品にも目がいくようになる。
当然デパートの業績もアップする。

ましてや無料で素材を提供するサイト群である。助け合い紹介し合い、体を張って広告貼って。
「ようこそ~! でも、ここにもそこにもあそこにも寄ってあげてくださいね!」みたいな。

おかげで必要な素材をすべて保存できる頃には、私の白目は血に染まる。
そんなトライアスロン的ネット・サーフィンに、今年もこれから挑むところだ。

実は午前中、すでに1つのサイトを覗いてみた。今年こそはスンナリ行きたい。
無間地獄に陥るのに、ものの1分もかからなかった。

インクジェットが不足気味だったので、大型電気店まで買いに行き、気を取り直してもう一度。
このあと、時間ばかり喰らう無料の無間地獄に再挑戦する。ふはは。
by vitaminminc | 2011-12-07 15:41 | Comments(0)

ムスコンプレックス眠眠

b0080718_2383937.jpg
ストーブの前より、ムスコが脱ぎ捨てたジャージの上を選ぶ。

b0080718_23103755.jpg
それこそもう、ジャージに鼻を突っ込むように眠る。

b0080718_2312572.jpg
鼻を押し付けすぎてブサ猫。

b0080718_23133926.jpg
ムスコが帰って来てごろ寝すると、その横にやって来て、再びムスコのジャージで眠る眠眠。

どーでもいいけど、ほんとーにどーしていつもこう脱ぎッ散らかしてばかりいるのか!?
by vitaminminc | 2011-12-02 23:16 | 子ども | Comments(1)

成長と老化

b0080718_23255284.jpg


11月はじめに受けた健康診断の結果が届いた。


成長

   ★身長・・・・・・去年より3mm伸びた

   ★体重・・・・・・去年より400g増えた

   ★視力・・・・・・右目⇒去年より0.3良くなった
            左目⇒去年より0.4良くなった

   ★メタボリックシンドローム・・・・・・非該当



老化  

   ★B判定(僅かに所見有もほぼ正常)・・・・血小板数
                              心電図(心室内伝導障害完全右脚ブロック)
                              乳腺のう胞症

★F判定(継続治療を要します)・・・・・・・・・高脂血症


だからどーしたというツッコミが聞こえてきそうでありますです。

ちなみにムスメは、身長が3mm伸びた件について、骨は考えられない、脂肪だと言っていますです。
わたしもそう思いますです。

 
by vitaminminc | 2011-12-01 23:21 | 健康 | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31