<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

高き洗面台と誇り高き猫

b0080718_1604079.jpg



猫は、誇り高きいきものなのだそうだ。ある有名動物写真家が言っていた。そのため、自分の失敗を人に見られるとたいへん傷つく。ましてや笑われようものなら、しばらく立ち直れないのだと。

 その通りだと思う。ただ、プライドが高いというよりは、自分のしくじりに弱いような気がする。
 さて、先日のこと。我が愛する眠眠が、大いに傷つく場面に遭遇した。
 眠眠は新鮮な水が大好きである。だから日に何度も何度も流水を所望する。
 その夜も「流れる水を舐めたい」「蛇口をひねるよろし」「こっちだよ、こっちこっち」「ついてきな、水のあるところはこっちだ」「ほれ、早くせんかい」と、ひっきりなしに訴えていた。そして、ツアコンみたいに先に立ち、私を洗面所まで案内した。
 いつもならここで眠眠は、まるで重力を感じさせない身軽さで、ヒョイッと洗面台の縁に飛び乗ると、「ハイ、蛇口をひねってね」と最後にもう一声鳴いてみせる。
 ところが、目にも止まらぬ速さで着地に失敗した眠眠は、目にも止まらぬ速さで私の視界から消え去った。
 「あ、あれ? 眠眠?」
 一瞬、何が起きたのか理解できなかった。気づいたら、目の前にいたはずの眠眠がいなくなっていた。
 耳の中の残響で理解した。ドサッときて、タタタタタッである。
 そうか、落下したのか(猫なのに)。それで、走って逃げたのか。
 なんだか笑えなかった。還暦を過ぎた眠眠の、体力の衰えを思い、なぜか口の端をキュッと結んでいた。
 あんなに水を欲しがっていたのだ。すぐ気を取り直して、じき戻ってくるだろう。が、呼べども待てども眠眠は帰ってこなかった。
 もしや、陶製のシンクにしたたか前足を打ち付けて、捻挫でもしたのでは?
 心配になって、二階にある私と眠眠の部屋まで様子を見に行った。案の定、姿が見えない。 
 ベッドの布団を剥ぐと、いじ毛にいじ毛た眠眠が、ただの毛の塊と化して、ふて寝していた。
b0080718_16441567.jpg


 眠眠の場合、失敗を恥じる度合いが、年をとるほど強まっていくように思う。もっと若くてムチムチころころ肥えていた頃は、戸棚の上で寝がえりをうって床に落ちるという大失態をやらかしたって、ここまでいじけなかった。5分も経つと何事もなかったかのようにケロッとしていた。
 猫も自分の老いを自覚して、愕然とするのだろうか。誰だって、自分に出来ると思っていたことが出来なくなったら、そりゃ~結構ショックだ。

 あれから二日後。再び「水だ」「水だ」「水を飲ませろ」とやかましく訴えながら、私を洗面所まで誘導した眠眠。洗面台を見上げた途端、何かがフラッシュバックしたらしく、スタコラサッサと居間に戻ってしまった。
 前足を痛がる様子もなく安心していたけれど、心身ともに相当痛い記憶として脳裏に焼き付いていることは間違いない。もしかして、陶製のシンクにぶつけたのは、前足ではなく、額だったかも~。猫が猫の額ほどのもんをぶつけるなんて~。

 猫は誇り高きいきものである。
 年をとるにつれて高さを増していく(かのような)洗面台。
 眠眠を抱っこして、そっとそこにおろしてみる。何が我慢ならないって、こうされることほど頭に来ることはねーとばかりに、眠眠はシンクを蹴って軽やかに床に降り立った。
 蛇口には目もくれないで、私だけを一瞥して。
[PR]
by vitaminminc | 2014-02-20 17:42 | 生きもの | Comments(4)

失笑点

 私はよく笑う。まったく笑わない日がないくらいである。

 つい最近も、自分の血液型に関わる問題に触れて失笑したばかりだ。

 お気に入りのテレビ番組の一つに「月曜から夜更かし」がある。ご存じマツコ・デラックスと村上信五(関ジャニ∞)が、世の中の気になる事象を取り上げて、好き勝手に検証するという番組である。
 先月、この番組のおかげで、ブラジル人にO型が多い理由を知った。
 
 うっすらと、ラテンアメリカにはO型が多いらしいということは知っていたのだが、なぜか? までは知らずにいた。
 番組の解説によると、もともとはO型以外(A,B,AB型)の人もいたのだが、1500年頃に梅毒が大流行した際、絶滅してしまったのだそうだ。
 要するに、梅毒に対する耐性を持っていたO型のみが生き残ったわけで、純潔のブラジル人の場合は、実に100%がO型なんだそうだ。
b0080718_19322785.png


 我家では、ムスコと私がO型である。どうしようもない緊急時ならば、B型のオットとムスメに輸血してやることも可能。そう、万能供血者なのである。

 自分のことは棚にあげ、ブラジル人の誤解を恐れずにいうならば、部屋中を荒らし、人の分のおやつまで喰い荒す、自由人のムスコを見ていると、をもって梅を制すという言葉が自然と浮かんできて、なるほど・・・と納得した。

 しかーーーし。私のココロが動かされたポイントは、ソコではない。
 O型以外は絶滅した
という表現に思わず噴き出した涙したのである。
 「そ、そんなみなさん、そんな弱いことでどーするんですか」

 いつなんどき再び絶滅危惧種になるやもしれない、O型以外のみなさん、くれぐれもご自愛ください(笑)
 
[PR]
by vitaminminc | 2014-02-04 19:35 | 人間 | Comments(4)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28