<   2014年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

記憶の欠落

 日々の生活に追われて、ずいぶんブログをサボッてしまいました。。。(愕然)

 ところで、本日のタイトル。一見していかにもボケっぷりの著しい自分の身に起きたことのようであるが、チガウ。

 ムスコのことだ。

 先日、ふとした拍子にムスコの小学校時代に話が及び、「そういえば、あん時の担任とは相性が悪かったよねぇ」などと冗談半分に私が言うと、ムスコが意外な反応を示した。
 「え? そうだっけ? つか、そんなことあったっけ?」
 「え? 覚えていないの? K先生のことだよ」
 「・・・・・覚えてない」
 「ウソぉ~女の先生だったことくらいは覚えているでしょ?」
 「いや・・・・・まったく覚えてない」(真顔で答えるムスコ)
 最初のうち、私とムスメは「その若さでボケるとは」と笑っていた。だが、どうも様子がおかしい。
 なぜならムスコは、私が話題に挙げた小学4年の記憶だけが、だるま落としみたいにスコンと消えていて、それより遡る1年から3年までの記憶はしっかりしていたのだ。担任の性別はもちろん、名前も。
b0080718_19441985.png

 そして私はあることに思い当った。4年時の担任が、ムスコの言動のほとんどすべてを否定的に解釈する中年女性であったことに。
 当時(2007年5月29日の記事「坊主憎けりゃ・・・」ご参照願います)は私も、学校でのムスコの様子について担任から話を聞かされた際、注意事項ばかりで何一つ長所を挙げてもらえなかったことに、少なからずショックを受けた。大切に育ててきた我が子を全否定されて落ち込んだ。
 幼稚園の3年間と小学校に上がってからの3年間、どの担任も必ずムスコのいいところ(面白くてやさしいお子さんです)を挙げてくださり、それなりにムスコを可愛がってくださった。全否定されたのは、あとにも先にもこの4年という悪夢の学年が初めて。この時期ムスコは反抗期とは縁遠く、悪さに磨きがかかったわけでもない。ごく平穏に、素直に成長していた。

 「嫌いな生徒」のレッテルを貼られたムスコは、きっと学校では親の前とは比べようもないくらい、担任に冷遇され続けたに違いない。虫が大嫌いで、ごっつ几帳面な担任の、神聖であるべき教室内に、こともあろうに嫌い中の嫌いの最たる昆虫=カマキリの赤ちゃんを連れて登校しちまったばっかりに。
 私の中では笑い話にすり変わっていた記憶が、ムスコの中では見事に抹消されていた。
       それほど傷ついていたということだ

 まだ生まれて10年ほどの子どもが、自分の心を護るために記憶を消す。
 心的外傷ストレスによる記憶の欠落なんて、小説やドラマの中の話。そう他人事として認識していた自分が恥ずかしい。
 私は、ムスコのことを過信していた。いつも明るく笑っていたから、担任の無理解にもへいちゃらでいると思っていた。7年も経って、思わぬことから真相を知るに至り、きゅるきゅると胸が痛んだ。

 今更ながら、思わずにはいられない。生徒の記憶から消されるような先生が、子どもたちに一体何を教えられるというのか。
 小学校時代の担任は、幼い生徒ひとりひとりの人格形成に多大な影響を与える。あの当時の担任は、虫はもちろん、絶対に子どもが好きではなかったはずだ。たとえ虫が嫌いでも、子どもが好きならば、あそこまで嫌悪感に満ちた目で見ることはなかったろう。子どもが好きでないのなら、小学校の教員になどならないでもらいたい。

 K先生、悲しくはないですか? 自分と関わった一人の少年の思い出の中に、貴女は存在しないのです。
 
 

by vitaminminc | 2014-10-26 20:05 | 子ども | Comments(2)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31