<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ちょっと痛いハナシ

6月上旬のこと。

ダイニングテーブルを挟んでムスコと向かい合って昼食をとっていた。
骨付きチキンを食べながら、たぶんテレビを見ていたように思う。

ガリッ!!
突然、生まれてから一度も経験したことのない、衝撃に襲われた。
それは、頭蓋骨にヒビが入ったと錯覚したほどの、電撃的刺激的衝撃だった。

数秒後、衝撃を食らったのは、頭蓋骨ではないことに気付いた。
前歯である。

洗面所にすっ飛び、恐る恐る鏡を覗き込んだ。
イ~~~ッをしてみる。
なんだ、気のせいか。
前歯は無事だった。
でも、それこそが気のせいなのだった。
舌でそっと触れただけで、左の前歯が動いたのである。
自分の動く前歯を見るなんて、別れの近い乳歯をぶら下げていた7、8才以来である。

ノロノロと居間に戻り、静かに着席した。
「──前歯をヤッてしまった」
「は?」とムスコが聞き返した。
「間違って肉じゃない部分、骨のとこかじって、前歯が壊れた」
前髪と前歯を揺らしながら、私はノロノロと骨付き肉を手に取った。
「おい」
ムスコが、半ば放心状態の私に声をかける。
「食ってる場合か? 早く歯医者に行った方がいい。前歯はヤバイって!」

約45分後、私は歯科の診察台(というかリクライニングチェア)で医師の説明を聞いていた。
「レントゲンで見る限り、歯の根元の方にヒビが入っている可能性が大きいんですよね」

この日に治療を開始すると、先のだんはんの一周忌法要の日に、本歯を失い、仮歯が入っている状態は必至だった。
仮歯は外れやすい上に、見栄えも悪いという。
法要後に着手してもらうことにした。でないと仮歯が法要当日に外れた場合、親族の皆様に拷問に近いものを味わわせかねない。
笑ってはいけないシーンで笑うのを我慢することほどつらいものはない。
法要が終わるまでは、左の前歯を両隣の歯と接着剤で固定(もちろん歯の裏面を)するという応急処置でもたせることとなった。

実際、すぐに治療を始めなかったのは正解だった。
法要が終わって治療がスタートした時、担当医が「難しいケースなので、院長にも診てもらいましょう」と院長を呼んだ。
院長は、私の歯の状態を確認し、治療にはいくつか選択肢があることを説明した。
やけににこやかだった。
あとで合点がいった。院長に診てもらったのは、破損した左の前歯を取り除いた直後。前歯が1本歯抜けてる顔で院長と向き合っていた。
院長は、笑うのをこらえきれずに白い歯を見せていたのだなと知るのに、そんなに時間は要らなかった。
なぜなら、その日つけてもらった仮歯が早くも翌日には外れてしまい、私は鏡の中の私を見て吹き出したからである。

「おせんべいを食べてて歯が欠けたというならまだいい」とムスメに言われた。「普通に人が食べるものだから」
骨なんて人間の食べものではないものをかじって歯が欠けるなんて、自分だったら恥ずかしくて人に言えないと。
しかし、私は正直者である。すでに歯科医師にはもちろん、職場の同僚にもリアルに説明していた。
「情けないぜ、かーさん」とムスコにも言われた。「腰が痛いのは、歯が1本ないからじゃね?」
確かに情けないと自分でも思う(笑)。歯を1本失って、身体のバランスが崩れているようにも思う(涙)。

治療開始から2回目の昨日、歯茎の中に残っている「根」を抜いた。
掴む部分がないだけに、抜歯は困難を極めた。
途中、麻酔の注射を追加してもらって、歯茎の表側と裏側、数えられただけでも合計6回ずつ注射針が刺さった。
前歯への注射は奥歯よりかなり痛いですと医師は申し訳なさそうに告げた。
が、注射の痛みなんかいくらでも耐えられると思った。
ほじくり出される痛みの方が遥かに強かったのだ。

敬虔なクリスチャンの如く、腹の上で両手を組みながらひたすら祈った。
どうか、どうかお願いです、一刻も早く抜けちゃってください。歯の根っこさま、お願いです、潔く抜けてくださいぃぃぃぃぃ。

「はい、ようやく抜けました!」
麻酔が効いているので、いつ抜けたのかわからなかった。
「虫歯や歯周病だったわけじゃないので、かなり丈夫な根でした」
15分以上、歯の根と格闘していた女医。美人で感じがよくて、私はこの先生が好きだ。
「おつかれさまでふ」とねぎらうと、
「いえいえ、みん子さんこそ」先生は素敵な笑顔で返した。

その後、ブリッジをつくるために上下の歯並びの型をとった。血だらけの型がとれたことだろう。
麻酔は30分で切れるという。ということは、もうあと10分もしないうちに大変なことになるのでは?
「痛かったら言ってくださいね」を何度も口にした先生。治療台の上の、血に染まったガーゼの山。
歯茎は相当ダメージを受けている。
「先生、今もうここで、痛み止めを飲まへてくらはい」
私は痛みに弱い。家に帰る途中痛み出したら、ハンドルを切り損ねて電信柱に激突するかもしれない。
命は助かっても、右の前歯まで失うかもしれない。
診察台でロキソニンを服用した。

案の定、家に着く前から徐々に始まった痛みは、家に着いてからいよいよ尋常でなくなった。
1回1錠の用法用量を破って、もう1錠勝手に追加服用してしまった。
恐る恐る(←こればっか)鏡を覗き込むと、仮歯が血で真っ赤に染まっていた。
どんなドメスティック・バイオレンスを受けたらこうなるんだ?

次回の治療は、ブリッジをつくるため、抜けた歯の両隣の歯を削るとのこと。
この日つける仮歯は、今つけている付け爪のようなはかない感じのものと比べてかなりしっかりしたものになるらしい。
その頑丈な仮歯を入れている間に、失った左の前歯つきのブリッジがつくられるわけだ。

もう骨をかじるようなヘマはしません。
早く、一日も早く、ふつうの人間になりたいです。

以上、わが身の上に起こっている、ちょっと痛い歯なしでした。









by vitaminminc | 2016-06-30 19:35 | 笑い | Comments(2)

一周忌譚

本当の命日は数日後に控えているが、昨日、だんはんの一周忌法要を執り行った。
早いよね、一年て。
まだ夢の中にいるみたいだ。
なんだかいろんな重圧が、全部腰に来ちゃったようで、半月前から腰痛に悩まされている。

空梅雨だけあって、昨日は朝からよく晴れていた。
暑かったけれど、湿度が低め。
カラッとして気持ちよかった。
いったい何の重圧を受けていたのだろうというくらい、親族はみな私にやさしく、誰もがにこにこほほ笑んでいた。
自分でいうのもあれだけど、和やかで、実にいい法要となった。

無論心の傷は完全に癒えてはいない。
読経の間、隣に座っていたムスメは始終すすり泣いていた。
私も注意深く瞬きをしないと塩水が頬を伝いそうで難儀した。

主人は病気がもとで亡くなった。
私を苦しめたのは、それが「死ぬような病ではなかった」ことに尽きる。
難病指定の病ではあったが、早期に適切な治療さえ始めていれば、上手に病気と共存できたはずなのだ。
普通に生活することも可能だったかもしれない。
調べれば調べる程、私はずるずると落ち込んだ。
ここ30年で医療が飛躍的に進歩して、死亡率が劇的に減った好例、それが主人の病だった。

普通の健康診断ではない、「人間ドック」を毎年受けていた。
風邪に似た症状が続いていて、早く医者に診てもらうよう何度も言った。
ようやく医者にかかったものの、悪くなる一方だったので、病院を替えるよう訴えもした。
頑なに医者を拒んだのも、私や子どもがいくら仕事を休むよう頼んでも、聞かなかったのは主人だ。

あなたは悪くない、と誰もが慰めてくれた。
それでも私だけは私を責めた。
言うことを聞いてくれなかったのは、私が女房だったからではないだろうか。
私と結婚していなかったら、今もこの先もずっと生き続けたのではないか。
いろんな思いが頭をよぎって、水中で長いこと息を止めているみたいに、変に息苦しくなったりした。

好きなテレビ番組「笑点」で、小遊三師匠だったろうか、「長くなったり短くなったり」で結ぶ上の句を考えよというお題に、
「女房のさじ加減。旦那の寿命が長くなったり短くなったり」と答えた。
会場は笑い、私は凍り付いた。
好きだったテレビ番組を見てさえこのザマだ。
人が一人、この世からいなくなることの罪。

家でも職場でも、私はほぼ明るい。
バカみたいに明るい。
でも、先に述べたような琴線が、心なのか頭なのか、わけのわからない部分に縦横無尽に張り巡らされている気がする。
いつ瞬間冷凍状態になっても、いつ永久凍土になってもおかしくないような不安。

私は、具体的に2人の友に救われた。
一人は行動で。
もう一人は言葉で。

行動派の友は、私の心の空洞を「猫」という、私にとって最適な直球で埋めてくれた。
有無を言わさぬ剛速球で投げ込まれた「猫」は、38℃という絶対温度で、やわらかく温かく、じわじわと心の傷を癒し続ける。まるで湯治だ。

もう一人は、弱音を吐いた私に、こんな言葉をかけてくれた。
「ほんとはパパさん 
 もっと寿命が短かったんだよ。
 みん子があそこまで延ばしたの」

よく、「時が解決してくれる」というけれど、時なんて目に見えないものに身を任せていたら文字通り時間がかかる。
解決を早めてくれるのは、間違いなく生身の人間だ。
友だちに救ってもらった。
一生の宝だ。

身に覚えのある2名に告ぐ。
救助活動の一環として、あと一つだけお願い。





私より先に死なないで。








by vitaminminc | 2016-06-19 16:44 | 人間 | Comments(2)

b0080718_15543203.jpg
ふてニャン と
b0080718_15513591.png
お笑い芸人「ピスタチオ」の小澤慎一朗ニャン 




b0080718_15564835.png
旧薩摩藩士、関西実業界の立役者・五代友厚 と、
b0080718_16005032.png
尾崎豊




b0080718_16022960.png
佐々木蔵之介 と、
b0080718_16074016.jpg
猫のくーちゃん



はい? 猫のくーちゃんなんて知らない?
そりゃそうです、5月に我が家に仲間入りした、推定2歳~3歳の女の子。
那須高原出身です。
どんままさんが単身、那須入りして捕獲。
半年先の冬の厳しい寒さに備えて、愛と執念の保護活動。

くーちゃんは、体の半分が白黒のバク柄で、半分が牛柄。
なので、雌牛のドイツ語「Kuh」から、くーちゃんと名付けました。

先住猫のうずらが、あり得ないくらいのビビリっこのせいで、
慣れるまで一悶着も二悶着もありました。
狭量なうずらが、私のベッドに日に何回もオピッコをしてくれたり(号泣)、
怖いあまり、自分より一回り【小さくて】おとなしいくーちゃんに噛みついたり。
でも、くーちゃんはとっても友好的かつ大人な対応ができるお利口さん。
うずらに、快適空間をつくり出すための「距離感」を
猫パンチを交えて教えてくれたおかげで、今は一応平和です。

でも、自然豊かな那須高原から、蒸し暑く狭い我が家で
心の狭いうずらと一緒にされたストレスでしょう。
くーちゃんは今、ちょっと皮膚疾患を発症中。
ですが、食欲は体の大きなうずらよりも旺盛で、
女の子なのに毎晩雄叫びがすごくて元気です。

猫二匹と一緒に寝られる(いや、実際はうるさくて眠れない)幸せを
ガブガブと噛みしめています。
明日はだんはんの一周忌法要。
頑張ります。


















by vitaminminc | 2016-06-17 16:34 | 趣味 | Comments(2)

日々の暮らしに「ん?」を発見


by み茶ママ