体験談

私はよく自分が体験したことを子どもに話す。
18才のムスコがかなりウケた話をしよう。
「こないだ私、人間ドックに行ったじゃない?
で、お腹のエコー撮る前に、先生がこーやって
(左手をパーにして腹にあてがい、右手人差し指、
中指、薬指を左手の甲の上でトントン叩く仕草)
触診というか、張り具合を診たわけよ。そしたら
あり得ないくらい、診察室にいい響いちゃって」
「ひゃっは!!(笑)」
「そばにいた看護師(♂)もドン引き―」
「どんな音だよ(笑)」
「腹鼓? 結構水っぽい音」
「わっは!!(笑)」

健康診断は、結構しんどい。

by vitaminminc | 2016-07-21 00:58 | 健康 | Comments(0)

あばばばば・・・

定期試験を目前に控えているムスコが、冷蔵庫からウーロン茶を取り出しながら言った。
「あばずれって、なんであばずれって言うんだ?」
「はぃ?」
「ズレは(世間に)擦れてるって意味だろ? ならアバは何?」

捗らない試験勉強からの逃避だろう。よくもまあ、これだけ現実とかけ離れたコトバを思いつくものだ。
アバは何かと訊かれても、脳裏をよぎるのは「ダンシングクイーン」のメロディーのみ。

「漢字でどう書くんだ?」
「漢字なんか、考えたこともないゎ」
ムスコは私に質問しているわけではない。自問自答しているだけなのだ。
阿呆の阿に、婆ぁの婆か?」
なぜか私を直視しながら、ムスコの不毛な自問は続く。
結局、中途半端な自答のまま、ムスコはふらふらと自室に戻っていった。

あとでこっそり調べたら、ムスコの予想通り、「あばずれ」は漢字で「阿婆擦れ」と書くことがわかった。
語源は「暴れ者」+「世間擦れ」。それに中国語の「阿婆」(親と同等以上の年齢の婦人や老婆の意)を当てたらしい。

ふと思った。まさか、キッチンに立っている私を見て「あばずれ」という言葉が浮かんだりはしてないでしょうぬぇぇ?(怒)








by vitaminminc | 2016-07-18 11:28 | 笑い | Comments(0)

怪奇・蜘蛛女

生まれて初めて受けた人間ドック。
いろいろな体験をしました。

オット存命中はオットの会社が加入している健康保険組合で、
毎年無料の主婦健診を受けていました。
項目は、いわゆる特定健康診断に準じた内容。

なので、それより一歩も二歩も踏み込んだ検査は初体験。
採尿⇒体重・身長測定⇒血圧測定⇒採血⇒心電図
ここまでは、これまでも受けていた項目──
と、いいたいところですが、どでかい違いがありました。

これまで受けていた主婦健診は、当然主婦が対象。
女性に配慮してでしょう、内科医は別として、
直接測定するスタッフ全員が女性でした。

しかし、今年からは普通の病院で受けます。
世の中には女性看護師の方が男性より多いはずですが、
この病院はナースマン。
フジテレビの軽部アナ似のナースマンでした。
b0080718_21380715.png

非常に親切で、優秀な看護師でした。
しかし、心電図はご存じの通り、
お胸をべろんちょりせねばなりません。
毎年受けていたからわかりきっていたことですが、
悪あがきして尋ねました。
「どの程度(検査着を上に)上げればよいですか?」
ビーチクが見えるところまで上げて、
両腕を身体の脇に下ろすように言われました。
ここで恥ずかしがるとかえってご迷惑。
平気なババァのふりをして従いました。

以上が最初の関門でした。

心電図の次はおなかのエコー。
エコーと胃カメラは医師が担当するとのこと。

軽部氏が呼びにいって登場したのは、
医師というより芸術家っぽいジョージ・ハリスン似の先生。
b0080718_21500771.png

ここでいったん軽部氏退室。

先生は、念入りに私のおなかをエコーで調べてくれました。
そして、私に何かの生物の卵のような映像を示しました。
b0080718_21520538.png
無論この画像はイメージ。
実際は白黒でした。
植木鉢のようなシルエットをした空洞の底に、
白くて丸い卵が、3つほど見えました。
「胆石がありますね」
と先生が言いました。
これまで医師との会話で出てきた「たんせき」は、
痰と咳のみ。
胆石ですとぉ~!?
先生は何度もローラーを転がしパソコンを操作。
あらゆる角度から見た結果、
「すくなくとも4つありますね」
およそ6.5mm~10mm近いサイズだそうです。
胆石は取り除かなくてはいけないのかという問いに、
先生は特に症状がなければこのままでいい的な回答。

「では、次は胃カメラですね。いろいろ準備があるので─」
ここで先生いったん退室。

軽部氏再登場。
「胆石があるって言われました・・・」
トホホな声で訴えると、
「ああ、それで(時間が)長かったんだ」
「4つもあるって・・・」
「胆石がある人って結構多いみたいですよ」
慰めになっているのかいないのか。

先生が言っていた「準備」というのは、鼻麻酔などのこと。
これらはすべて軽部氏が担当してくれました。

最初に胃の中の泡を取り除く「消泡剤」15cc。
これは口から飲みました。
それほど不味くはないです。

続いて、細長い金属製のスポイトのようなもので、
鼻のむくみを抑える薬剤を鼻に注入。
確か、左右に3回ずつ、シューコ、シューコ、シューコ。

息を止めていないと気管に入って苦しいということを
ネットで予習していてよかったです。

続いて麻酔薬も同様に3回ずつ。
息を止めていたけど、少し気管に吸い込んでしまいました。
むせました。ゲホゲホゲーッホゲッホ。

間もなくしてハリスン先生登場。
私は観念して横臥姿勢になりました。
「あ、逆向きです、カメラあちらですから」
と注意され、左に向き直りました。

ネットでは、鼻からぎゅうぎゅう中は、唾は飲み込まずに
ティッシュに出し続けろと教えていました。
予習しておいて、本当によかったです。
始まる前からむせていたくらいですから、
胃カメラが通っている状態でむせたらエライこっちゃ。

軽部氏の言っていた通り、ハリスン先生の腕は確かでした。
一番の難所らしい、鼻から入ってすぐのところも
案外スムーズに通過。
身体の中を管が通っているのがわかります。

友達に、目はつぶらず開いていた方が
体が硬くならないでいいと教わりました。
なので大きく目を見開いてたのですが、
瞬きを忘れていたのか、大粒の涙がぽろぽろ。
痛いわけではないけれど、なぜか涙がぽ~ろぽろ。

鼻からカメラが入ると同時に、
軽部氏がずっと背中をやさしくトントン。
途中、軽部氏が管に流す潤滑ゼリーの補充を取りにいくため
席を離れた途端、にわかに不安に襲われました。
背中トントンの威力、侮りがたし!

「見やすくするために、少し風を送りますね」
胃の中に空気が入れられたもよう。
職場の同僚が話していたのは、これのことか。
その人(←すごい美人)胃カメラ後の画像診断中、
先生の顔面に思い切りゲップの波動砲をお見舞いしたとか。
ゲフーッ!!
「もう、ごめんなさいとしか言いようが──(笑)」

軽部氏戻ってトントン再開(ほっ)。
カメラの通りもスムーズに。
食道も、胃も、十二指腸も、ほぼ問題なしと言われました。

けれど、私の胆嚢にゃ「卵」がある。
あれは何の卵なのか。

そういえば、唾を拭くために、
私はいったい何枚ティッシュを使ってるんだ?

先生が「終了です」と言って、
丁寧に胃カメラを引き上げました。
異物が身体から抜け出るや否や、
待ってましたとばかりに
さらにあり得ないくらい大量の唾液。
まるで白血球が集結したかの如く、
濃密で粘着質のヨーダが絶え間なく出るのです。

軽部氏が、ティッシュをここに捨てるようにと
ゴミ箱を差し出してくれました。

捨てられません。
ヨーダが、切れないのです。
ティッシュを口から離そうとすると、強靭な糸がビロ~~~ン。

これは果たして「唾」なのか?
蜘蛛の糸ではないのか?
もはや自分が人間とは思えなくなりました。

親切な軽部氏も、蜘蛛女の奇ッ怪な姿に
ドン引きしたのでしょう。
「ここに置いときます」とゴミ箱を手放し、
そそくさと去っていきました(笑)


そう、上の卵の写真は、タランチュラの卵。
b0080718_22361741.png
そしてこれ☝はタランチュラのぬいぐるみちゃん
実際のタランチュラは、足の先から糸を出すみたい。

先生は、胆石(私の場合はコレステロールによる胆嚢結石)は
必ずしも除去する必要はないと言いました。
けれど調べてみたら、取り除くに越したことはないようです。

1:結石ができる時点で胆嚢が殆ど機能していない。
2:結石を放置しておくと癌になる確率が高まる。
3:肩こりや腰痛、みぞおち辺りの鈍痛など症状多数あり。

緊急性はないけれど、3はすでに自覚症状があります。
出来れば年内に手術を受けてしまいたい。

胆嚢結石の一般的治療は、胆嚢摘出だそうです。
石だけ取り除いても意味がない(再発する)からです。
袋ごと取り除いてしまえば、
少なくとも胆嚢癌になる可能性はゼロになる。

人間ドックを受けて良かったと思うことにしましょう。
だって、胆石による疝痛発作って、
陣痛並みに苦しく痛いそうなんですよ。
突然そんなのに見舞われて、
救急車で不本意な病院にぶちこまれるよりずっといい。

余談ですが、私は家に現れる蜘蛛を殺さずに
生け捕って、屋外に放す達人です。
95%の確率で、殺生することなくリリースできます。

もしかしたら、本当に蜘蛛女なのかもしれません──。















by vitaminminc | 2016-07-09 23:07 | 健康 | Comments(0)

1/3の純情な窮状

b0080718_18003740.jpg
ダブルベッドを覆うブルーシート
その上には、縦二つ折りにした、シングルサイズの敷パッド&シーツ

ウケ狙いでやってるわけじゃございません
この細長いものの上に私は寝ています

昨日、猫の放尿攻撃を受けたダブルサイスの敷パッドは
風呂場の乾燥機にかけても乾きませんでした
干した時刻が遅かったため、子供たちの入浴タイムと重なったから

仕方なく、シングルサイズの敷パッドを引っ張り出しました
猫尿を避けるには、敷パッドの面積は小さければ小さいほど好ましい
実質ダブルサイズの1/3の面積に寝る人間の哀しさよ

私をこんな目に遭わせた犯猫は、2匹のうちのどちらなのか
b0080718_18084988.jpg
可愛い済んだ目で真っ直ぐこちらを見つめるくーちゃん



b0080718_18095141.jpg
なぜか私と目を合わせようとしないうずぴ


b0080718_18104926.png
しかし
限りなく犯猫のニオイが濃厚のう○ぴは、
この1/3の布団で窮屈に寝ていた私に
昨夜もぴとっと寄り添いました

放尿したのは、夕刻の雷鳴の頃のみ
就寝後は粗相はしませんでした

憎らしいくらい憎めない猫

by vitaminminc | 2016-07-05 18:17 | 笑い | Comments(0)

梅雨明けてくれ宣言

17時過ぎだったか、すンごい雷鳴が轟いて、土砂降りになった。
私もだ。
私も雷を落として号泣だ。
うずぴのオシッコ癖が再燃したからだ。

くーちゃんとの関係もそれなりによくなってきたせいだろう。
うずぴのオシッコ癖もここしばらくは落ち着いていた。


実は、くーちゃんを迎えてからというもの、それまではきちんとトイレで用を足していたうずぴが、
私のベッドで放尿するようになってしまったのだ。
日に何度もである。一度などウンチまで(号泣)
独占欲の強い性格が、ベッドの上も独占すべく、放尿してしまうのか。
縄張り意識が高じてのニオイ付けなのか。

梅雨時だというのに、半べそかきながら毎日大物洗い。
いい加減オシッコノイローゼになりかけた頃、妙案が浮かんだ。
私が寝ている時以外は、ブルーシートで覆ってベッドの寝具を死守すりゃいい。
b0080718_18161665.jpg
小便小僧を我が家に連れてきた張本人=若干サドっ気のある友人が、LINEでしれっと言った。
『(別の)友だちも、新しい子(←猫)が来たとたん、
前からの子がベッドでおしっこするものだから、
テーブルクロスを敷いて、中にもぐりこまないように
洗濯バサミで止めてた、と言ってた。
テーブルクロスとブルーシートというところが、人間性の違い?』

あん? 
るせー! あーしのベッドはダブルサイズなんだよ!
3畳用のブルーシートでないとすっぽり覆えないんだよ!
テーブルクロスで覆うとしたら、最後の晩餐サイズが必要だよ!


寝るときも、布団が尿害に遭わぬよう、敷パッドを縦二つ折り。
涙ぐましい努力の日々。
b0080718_18294441.jpg
b0080718_18312956.png
うずぴはずるい。起きても寝てもベッドで小便するくせに、
寝てても起きてても可愛いときた。
b0080718_18322429.jpg

洗濯機の中にオシッコ敷パッドにオシッコシーツをぶちこんで、
ガーガー回したはいいが、いったいどこに干せばいいんだ?
ダブルサイズ×2枚。

思わず、ネットで梅雨明けを調べた。
梅雨入りの時と梅雨明けの時は雷鳴が轟くものだ。
もしかしたら明日はもう梅雨明けかもしれない。

しかし、世の中そんなに甘くない。
関東・甲信越地方の梅雨明けは、
2014年が7月21日
2015年が7月10日
2016年の今年は、7月15日~7月23日くらいとの予報。
8月4日に梅雨が明けた年もあるという
マジか。ひと月も先ではないか。

やはり、梅雨明け前にブルーシートを外すべきではなかった。
ブルーシートをしたままだと通気性がすこぶる悪い。
早い話が寝ていてかなり暑いのだ。
ここのことろずっと粗相もなく、いい塩梅だったので、つい油断して外してしまった。

もしや、あの雷鳴が怖くて、ビビッて失禁してしまったのだろうか?
むしろそれなら歓迎だ。
たまたま雷鳴が怖かったから、というのなら、毎日粗相はしないだろう。
問題は、ベッドを独占したいがための放尿の再発。

いいか、うずぴ。
勘違いするでない。
このベッドは、そもそもうずぴのものじゃあないんだよ。
あーしのベッドなの!

もう、ホントやめて。




by vitaminminc | 2016-07-04 18:54 | 笑い | Comments(0)

うずぴは毎日忙しい。

b0080718_10421726.jpg
無理やり履かされている可哀想な椅子さんの靴下を外して、
どこかに隠さなくてはならない。


b0080718_10430114.jpg
爪とぎの周りにある邪魔で硬い枠の部分を、せっせと剥がして──

b0080718_10482614.jpg
飲み水に浸し、十分柔らかくなったところで取り出さなくてはならない。



しかも、血のつながらないお姉さん猫のくーちゃんと──
b0080718_10432733.jpg
追いかけっこをして遊んであげなければならない。
近づきすぎるたび甘んじて猫パンチを受けるサービスつき。

b0080718_10444980.jpg
そして、「飯」使いのおばちゃんを喜ばせることも大切。
忙しいったらありゃしない。



番外編~モフ近撮~
b0080718_10451884.jpg
7月1日、ひょっこり、あの疥癬猫のモフが現れた!
相変わらず塩辛声でシャーと威嚇しながら、マンマを要求。
3回服用すべき薬を正味1.5回分しか口にしないまま姿をくらましたモフ。
どこかで全身ハゲ上がって死んでしまっているのではと案じていた。
んもぉー、ホッとしたよぉ、モフ~~~。
中途半端な服用のせいで、毛の生え方も中途半端。
床屋代をケチったオカンに、思い切りヘタクソにカットされた感じ。
でも、不揃いながらも地肌が見えなくなって、本当にヨカッタ。
写真のエサには、残っていた1回分の薬が入っている。
争いを避けて回復に努めたオマエは偉い!






by vitaminminc | 2016-07-02 11:12 | 生きもの | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31