<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

停まる恐怖

b0080718_21521174.png













愛するペットとの暮らしに、日々心癒されているみなさん。
今日はこの夏一番の暑さでしたが、いかがお過ごしでしょうか。

実は、私が住んでいる地域は、割と雷が落ちます。
そうなると、当然同時に停電になります。
ま、大抵はすぐ復旧しますけど。

部屋の照明は、復旧するとすぐに自動的につきます。
でも、はたしてエアコンはどうだっけ?
確か照明以外は人の手でスイッチを入れ直さなくちゃダメじゃなかったっけ?

少なくともウチの電化製品はそう。
留守にしている間に停電にでもなったらどうなるでしょう?

猫たちのために、ずっとつけているエアコン─。
私が帰るまで運転停止の状態が続いたりしたら─。

みるみる部屋の温度と湿度が上がって、猫だって熱中症になってしまうでしょう。
本来私は雷が好きなんですけど、停電になることを思うと怖くて仕方ありません。

猫より暑さに弱いわんちゃんと暮らしている方の心配は、尚更だと思います。
雷が落ちなくたって、所詮エアコンも精密機器。
いつ何かの拍子に故障するやもしれません137.png

命の危険を感じるほどにまでなった、日本の猛暑。
しみじみ怖いです。。。
b0080718_21524783.png








[PR]
by vitaminminc | 2017-07-10 22:21 | 自然 | Comments(0)

フールス

 先週の昼下がりに訪れた産婦人科医院の建物は、新築されたばかりでピカピカだった。
 およそ20年前にムスコを産み落とした旧建物は、まだ県道沿いにひっそりと佇んでいた。顔色はさほど悪くない。優しい薄桃色の壁は、現役を退いたばかりの老人の頬のように血色がよい。
「さて、どうやって時間をつぶそうか」
と考えあぐねているように見えた。
 だが、容易に想像がついた。広大な敷地の奥にオープンした建物にバトンを渡し、ゆくゆくは取り壊される運命だろう。おそらくは、駐車場の一部―【車輪の下】―として生まれ変わるに違いない。
 子宮がん検診を終えて、ピカピカの建物から出てきた私は、改めて旧建物を見上げた。
 最も県道沿いに位置した、2階の個室。西陽が窓ガラスを照らして、鈍く反射している。
 あの部屋で私は過ごした。会陰縫合部痛とひどい乳腺炎痛とに苦しんだ私は、食事も喉を通らず、一睡もできなかった。何度も看護師に痛み止めの薬をくださいと訴えたが、「痛いのはみんな同じ。赤ちゃんに母乳をあげようという人が薬に頼ってどうするの」と取り合ってもらえなかった。
 鎮痛剤を飲まずに我慢したところで乳腺炎で母乳はまったく出ない。私が一番辛かったのは、痛みのせいでムスコを十分に抱っこしてあげられないことだった。
 そのうちに、いつもの検温時間に頭が少しふわふわします、と看護師に伝えて、私の血圧を測った看護師が慌てて先生を呼ぶ事態となった。ストレッチャーで集中治療室に運ばれた私は、酸素マスクをつけられ、複数の点滴を受けた。
 先生が看護師を静かに叱っていた。
「痛みには個人差があるんだよ。患者の訴えにはきちんと耳を傾けて、必ず私に報告しなさい」
 自覚はなかったが、痛みにより急性高血圧症に陥ったらしく、かなり危ない状態だったようだ。
「本当にごめんなさい」
 看護師に何度も頭を下げられ、手厚い治療を受けた私は、ようやく我慢できる程度の痛みに落ち着くことができた。
 美味しいと評判の食事も摂れるようになり、心身ともにみるみる回復して、思う存分ムスコを抱っこすることができた。
 そんなドラマチックな記憶が詰まった特別な場所、私たち母子の古巣が、老朽化して取り壊されようとしている。
 ムスコも来年は成人式。
 時の経過を実感した。


 タイトルの「フールス」について:童謡「七つの子」の歌詞─やまの【ふるす】にいってみてごらん まるいめをした いいこだよ─から。
 おチビだった私は、この【ふるす】を古巣とは理解できず、「フールス」という名称の特別な場所と思っていました。



[PR]
by vitaminminc | 2017-07-09 04:34 | Comments(0)

似てるてる坊主~2017 七夕編~

何度聞いても冗談としか思えない、絶叫議員・豊田まゆ毛 チガウ 真由子氏の眉毛
b0080718_19221832.png



































カミキリムシの立派な触角
b0080718_19224067.png


[PR]
by vitaminminc | 2017-07-07 19:24 | 趣味 | Comments(0)

苦毛です

〇ート製薬の男性用制汗剤「デ・〇ウ」のCM149.png
インパクトでかすぎます。
正視に堪えません。

肉体美を披露して、男性フェロモン大放出。「カッコイイ」と絶賛する声がある一方で、眉をしかめずにはいられない輩も。
私はもつろん、後者であります。
そもそも男オトコした人種が苦手。若い時分から、どこか女の子っぽさが感じられる男性の方が好みでした。安心できるから。

あのCMを初めて見た時ゃ「なんじゃコリャ!」と嫌悪感に襲われました。「なんでこんなことやらされちゃったの!?」
爽やかさが売りの制汗剤のはずが、あの異様な暑苦しさ。伊藤英明よ、貴方は何に目覚め、何を捨ててしまわれたのか。
苦手というか、苦!! 
あれは男性用ですからね。ターゲットを100%男性に絞って制作すると、絵づらはああなるわけですね。
男性から見たカッコよさのみを追究すると、ああなっちまうんです。いいのです、買うのは男性だから。
私のようなおばちゃんが、画面を見て「気持ちわりー」だの「暑苦しー」だの文句を言おうが、一向にお構いなしです。
でもね、何の前触れもなくスポットCMなんかでいきなり見せられる方はたまったもんじゃありません。
何より許せないのは、あの、袖なしYシャツ。まだ上半身裸でヌリヌリしてくれた方がマシ。ひゃはははは・・・。
b0080718_09095012.jpg






いYシャツとい〇〇毛。補色効果による残像が必要以上に脳裏に張り付くってんだよ145.png


映画「陰陽師」の源博雅役で名笛葉ニ(はふたつ)を吹くピュアな伊藤英明が大好きだったムスメ。
b0080718_09101528.jpg



























オェオェ騒いでいる母の横で、諦めとも取れるトーンで言いました。
「仕事は、選ぼうよ・・・」


[PR]
by vitaminminc | 2017-07-06 09:15 | 趣味 | Comments(0)