<   2017年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

闇【勤】後ろメタジマくん

昨日18時過ぎ。
ケーブルテレビで映画「闇金ウシジマくん」を観ていたら、電話が鳴った。
b0080718_12113219.jpg
ディスプレイを確認したところ、フリーダイヤルからかかってきていた。
どうせまた何かの営業だろうと思い、留守電に任せて受話器を取らないつもりでいたが、何かが引っ掛かった。
フリーダイヤルの番号。
下4桁に、見覚えがあった。
き、勤務先やんけーッ! 
留守電のアナウンスが応答する直前に受話器を取った。
女性社員の安堵の声。
「ホゲホゲさん(←私の苗字)ですね? よかったー、ご無事で。心配してたんですよ。今日ホゲホゲさん、出勤日なのにいらっしゃらなかったから──」
あんぎゃー!
自分でも意外だが、今の会社(勤続12年目)どころか、これまで勤めた全ての勤務先に対し、無断欠勤なんかやらかしたことはない。今回が生まれて初めて。
バカなので寝込むほどの風邪を引かない。だから、まず休まない。遅刻どころか社員よりも無駄に早く出勤するのは前に述べた通り。
勤怠に関してだけは、非の打ち所がないほど高評価なのである。
もちろん、よんどころのない大変な事情で欠勤せざるを得なかったことはあった。
そんな時は(当たり前のことだが)どんなに緊迫した場面であっても、必ず始業時刻30分前までには連絡を入れたものだ。
だから、社員が敢えて遅い時間になってから電話を寄越したのは、寝坊の類のチンケな遅刻あるいは欠勤と思われたからではない。
日頃から、「いかんせん母親が高齢なもので、いつ何時体調を崩すやもしれず、そうなったら突然仕事を休まなくてはなりませぬ、このことだけは是非頭の片隅に入れておいてくださいね」と伝えていた。
ゆえに、「何か不測の事態が起こったに違いない」と判断した社員が、「対応に追われているホゲホゲさんの邪魔にならないよう」私を気遣い、「少しは落ち着いた頃」を見計らって、様子伺いをしてくれたのだ。
b0080718_12104006.jpg
消し忘れた「闇金ウシジマくん」の音声が流れる中、「申し訳ありませんっ」を連発して、脱力しつつ受話器を置いた。
月に最低2日間は土日祝日にシフトを入れないといけないルールである。
前回のシフトがどうだったかを確認せぬまま今回のシフトを提出した私は、先週、先々週と2週連続して土曜出勤していた。
いくらなんでも3週連続はありえない。そう信じて疑わなかった私は、金曜に退社する時、
「じゃあ私、明日は休みですんでよろしく~~~」なんて手を振りながらいそいそと帰ったのだった。
b0080718_12115831.jpg
あ~っはっは! 一寸先は闇。
このたった1回の不始末で、「勤怠面だけは信用できる」という私の数少ない、いやたった1つの強みを失ってしまった。


でも、相変わらず「闇金ウシジマくん」の山田孝之はカッコエエなぁ!
b0080718_12110993.jpg


     

[PR]
by vitaminminc | 2017-10-22 12:23 | 趣味 | Comments(0)

似てるてる坊主~2017 秋麗の侯編~

2階ホールの本棚の中に飾ってある猫の写真を見て、突然気づいてしまった。
2年前に天に召された、眠眠(享年10歳)
b0080718_14325160.jpg
b0080718_14331195.png
ギョロ目が印象的な名優・渡辺いっけい
映画でもドラマでも、この人が出ているシーンはもれなく好き。その意味が、ようやくわかった(笑)



コタロー、相変わらず食が細いけれど、毎日それなりに機嫌よく過ごしています。
ガリガリに痩せていて見た目が寒そうなので、先日楽天で猫用ちゃんちゃんこを購入しました。
着せてみたら、嫌がらずにゴロゴロ喉を鳴らしていました。
でもそれは、動かずにいた時だけ。
歩こうとしたら慣れぬ裃に、一歩も踏み出すことができず、途端に不快感をあらわにしました。(写真は階段で大あくび)
b0080718_14431428.jpg
もちろん、すぐに脱がせました。
見た目と違ってコタロー本人は暑がりなのです。
コタローの定位置になってる居間のあちらこちらに、身体が冷えないよう敷物をセットしました、
それらを避けるように、わざわざ何もない冷たいフローリングに直に寝てたりします。
この秋一番の冷え込みとなった今朝は、さすがにベッドで寝てましたけど。(写真は窓辺)
b0080718_14434732.jpg


[PR]
by vitaminminc | 2017-10-18 14:35 | 趣味 | Comments(0)

食欲と読書

この秋の中、私の目下の楽しみは、仕事から帰って7粒ほどいただく美味しい銀杏。
地元の友だちEちゃんが、毎年届けてくれる。ウハウハ言いながらありがたく頂戴しているが、まるで売り物のように完璧な状態(敷地内で収穫⇒洗浄⇒天日干し)にしていらっさるのはご主人とのこと。大変な労力を費やされているだけあって、翡翠の如く美しい色艶。素朴で味わい深く、秋そのものといった風味。
本当に美味しい。
Eちゃん、ご主人、ありがとうございます。
b0080718_18372110.jpg

それから、就寝前に読む本。
秋に入ってから、何かないかと亡きオットの書棚を物色して、佐伯泰英の時代小説を手に取った。
「居眠り磐音 江戸双紙」。今現在、文庫本で50巻目が出たか出るかしている超人気シリーズで、10年ほど前にNHKでドラマ化もされている。
剣豪磐音役を山本耕史が演じたようだが、どうもイメージが違う。オットがドラマを観なかったのも同じ理由だろうか。山本耕史が悪いというわけではない。どちらかといえばむしろ好きな俳優だ。ただ、磐音をやるには肌が白く、つるんとし過ぎているような気がする。別に原作の中で、磐音は肌が浅黒いだのキメが粗いだのといった描写など一切ないのだが。

オットの書棚には32巻まで揃えてあった。私は今、11巻目まで読み進めたところだ。
それにしても──こんなに面白いのに、なんで生前、オットは私に教えてくれなかったのだろう。私が意外に時代小説も好きだってこと、知ってたくせに。

悔しいから、私は読んでやる。オットが読めなかった33巻以降も、自分で買って読んでやるからな!
b0080718_18381520.jpg



[PR]
by vitaminminc | 2017-10-15 19:33 | 趣味 | Comments(0)

お助けロイド

今日は、うずらとくーちゃんのゴハン事情について語るつもりでしたが、急きょ予定を変更してお送りしますです。
考えてみたらふたりのマンマは、くーちゃんのマンソン劣頭条虫事件以来ずっとロイヤルカナン消化器サポート(可溶性繊維)。それにコタローの食べ残し(腎臓にやさしい高齢猫用フード)が加わっただけ。語るほどのものではござ~せん。

くまのぬいぐるみのような足をしたくーちゃんと、カメラを敵と思い込んでいるうずらの近影を挟みつつ(神経質なうずらはなかなかカメラでキャッチできないので1枚のみ)、内容はまたしても虚弱体質王子・コタローに関してであります。
b0080718_22593098.jpg

本日夕方、コタローを病院に連れて行きました。
仕事から帰ってコタローのマンマ皿を見たところ、朝入れたまんま(マンマだけに)でした。
こりゃアカン!
コタローを抱っこして体重を計測。
ふ、増えている!(私がな)
これだとコタローの体重が5000gはあって欲しいところ。が、コタローをおろして測り直した我が体重、心まで重くなりました。
んなこたどーでもよい。
差し引き計算したコタローの体重、悲しいことに、2600gを下回ろうとしておりました。
もう手に負えません。
b0080718_22585106.jpg
今回は、私自ら先生に頼みました。
「ステロイドを試したいです」と。
前回先生は言っていました。コタローの食欲がこのまま戻らないようであれば、ステロイドを試すのもありと。
インターネットで下調べしたところ、自己免疫疾患による食欲不振にステロイドはかなり有効らしいです。
また、先生に副作用について訊いたら、次のように教えてくれました。
ステロイドの副作用はずっと続けた場合に生じるものであって、今回のように単発的に与える場合はまず心配ないそうです。それに、人間よりも犬の方が、犬よりも猫の方が、ステロイドの副作用は少ないというデータがあるとのこと。
不思議なことに、ステロイド(いわゆる免疫抑制剤)は、猫の身体と相性がいいようなんですね。
安心しました。
b0080718_22580805.jpg
薬剤入りの輸液はことのほか皮下で凍みて辛いので、先生は少しでも痛みが和らぐよう、希釈の意味も込めて(?)今回もたっぷり輸液してくれました。
投入したステロイドは2種類。速効性タイプと、じわじわ長く効くタイプ。
コタローは3本の注射器が空になるまでの間、じっと耐え抜きました。強いなぁ!
頑張ったのだから、ステロイド治療が功を奏して、もりもり食べられるようになるよ、きっと!
b0080718_23001410.jpg
帰宅してしばらく経つと、ヤケ食いみたいにカリカリを音を立てて食べました!
すごい! 速効性ステロイドの威力でしょーか。久しぶりに耳にする快音です。
でも、だいぶ胃が小さくなっているようで、勢いの割に、食べられた量はまだちょっとだけ。
これからじわじわタイプのステロイドに助けられて、徐々に食欲が増えていくことでしょう。







[PR]
by vitaminminc | 2017-10-13 23:09 | 生きもの | Comments(0)

猫にゴハン①

我が家のにゃんこの食事情をば──


b0080718_21175944.jpg
性格的には人懐こくて最も育てやすいのだが、食事面では最も悩まされている。

ま~、ほんとに食が細い。
写真のように、まつ毛も可憐な美少年(←親バカ)のコタロー。
現在、コタローのためのフードの買い置きは、ドライ,ウエット合わせて20種類を超えている。
楽天,ホームセンター,ドラッグストアで買い漁ったありとあらゆるフードが、大きな段ボール箱の中でひしめき合っている。
見向きもしなかったフードでも、諦める必要はない。忘れた頃にあげてみると、今度は食べたりする。
逆に、食べたからといって調子に乗って同じフードをまとめ買いするのは危険だ。2回目は見向きもしなかったりする。

ま~、とにかく食が細い。
いつまで経っても3000gに戻らない。2600g~2800gを行ったり来たり。
デカ王子・眠眠は、コタローと同じ月齢(12カ月)の頃は軽く5000g超えて、先生に「大きな子だねぇ」と笑われていた。
まるで子猫のように軽く、壊れそうなコタロー。


あまりにも食べなくて、こりゃまた病院に連れて行くしかないかな~と思い始める頃、何かを感じ取ったかのように、突然食べ始めたリする。
(あ。そういえばボク、今日ゴハン食べるの忘れてたかも)てな感じである。
それでも、具合が悪いならやはり連れて行くしかないのだが、撫でるとピンと立てた尾が天を指すし、ゴロゴロ機嫌よく喉を鳴らす。
誰かが水道の蛇口をひねろうものなら、どこからともなくすっ飛んできて、流し台だろうが洗面台だろうが飛び乗って、水をねだる。
流水王子・眠眠は器用に顔を傾け、上手に流水を直飲みしたものだが、コタローはとことん下手である。
水の出をうんと細くしてあげても、思い切り鼻に浴びて(なんでやねん)、結局器に入れてあげないと飲めない。

本日も、朝からちょびっとしか食べていないことがわかったので、夕方医者に連れて行くしかないと踏んだ。
でもダメ元でと、うずぴとくーちゃんを捕獲した、あのギロッポン野良猫界の守護神・那須高原のホールデン・コールフィールドが、コタローのために送ってくれたスープタイプのフード「無一物」を小皿に入れてみた。
前回は、2、3度舐めただけで止めてしまい、残りすべてがくーちゃんの胃袋におさまるという残念な結果に終わった。
しかし、今回は素晴らしい「呼び水」となった。
無一文ぃゃ無一物を半分飲んだ後、「シーバ香りのまぐろ味セレクション15歳以上」を私のてのひらから小袋の8分目くらいまで食べられたからである。
この量、昨今のコタローにしてみたら、久々の快挙である。

コタローは、腎臓をいたわるに越したことはないので、腎臓ケアのフードをチョイスしている。
自然、老猫用フードにたどり着く。痩せ方からしたら高カロリー食品を与えたいところだが、子猫用は厳禁なんである。
かといって医療用にしてしまうと、腎臓サポートはあまりにも不味い。
くーちゃんでさえ舌を出さなくなるのは必至。
くーちゃんにはダイエットになるからいいかもしれないけれど、コタローが食べなきゃ意味がない。
その点、11歳以上や15歳以上向けは、体にやさしいだけでなく、美味しさもそこそこ保たれているようだ。
くーちゃんはもちろん、気難し屋のうずぴも意外に(コタローの食べ残しを)食べている。







[PR]
by vitaminminc | 2017-10-12 21:33 | 生きもの | Comments(0)

ワタシとコドモ

vs ムスメ

 ムスメと2人でダイエット・レースをしている。
 週に最低1回以上、同じ日の同じ時間帯に体重計に乗る。
 そして、前回の自分と比較して、より減量に成功した方が、相手から300円受け取るのである。

 この競争の言い出しっぺはムスメであった。
「嫌だ」
 と私は断った。
 年齢的に新陳代謝が落ちている。圧倒的に不利である。
 しかし、ムスメは食い下がった。
「友だちとの付き合い上、外で食べないわけにはいかない」と言うのである。
 外食はハイカロリーになりがちだから、こっちはこっちでハンデがあると言うのである。
 金曜の晩に、土曜は朝から。確かに毎週1、2回はしっかり外で食べてくる。
「まあ、いいでしょ」と私はOKした。

 あきれるくらい緩いレースである。増量してたって成立し続けるのである。
 前回の自分より1キロ太ったって、嘆くことはないのである。
 1300g増えちゃったムスメから300円もらえるからである。
 で、今現在、プラスマイナス私が900円勝っていて、体重はと言うと、700g減。
 誤差の範囲である。
 これのどこがレースなのか。
 自分たちに甘すぎるってんで、ムスメが博奕を提案した。
 即ち、それぞれの理想の体重を設定し、より早くそれに到達したら1000円ゲットというもの。

 私もムスメも3キロ減量しなければならない。
 途方もない話である。
 ノー残業デーで早く帰れるというムスメから誘いを受け、駅までムスメを迎えに行って、そのままイタリアンレストランに直行した。
b0080718_16093006.jpg
 ピザ食べ放題。よせばいいのにドルチェまでつくコースを選び、ウップ!となるほど二人で食べまくった。
 もしかしたら、900円負けているムスメの作戦かもしれないと思いつつ、食欲の秋を体現してしまった。

 不毛なレースは続く。



vs ムスコ

 ムスコはよく私をからかう。
 私が録画しておいた番組を熱心に観ていると、わざと視界に入って来る。
 そして、目の前で歌を唄い出す。
 一応私向けにセレクトしているのか、20年近く前のヒット曲だったり、時には昭和歌謡だったり。
「ちょっと、見えないからどいて」というと、小憎らしい表情で、益々テレビ画面に被さってくる。
「それにうるさい。何言ってるのか聴き取れないじゃん!」と文句を言うと、スマホだかiPodだかをいじくって、益々ヴォリュームを上げる。
「今、いいとこなんだから、ホント止めて!」と立ち上がると、
「いい齢して半パン穿いてんじゃねーよ」と抜かす。
「ハーフパンツじゃありません」と反論する。「これは膝丈より長いです!」
 すると、
絶妙なズボン丈のズボンなんか穿いてんじゃね~よ」
  とからかってくる。
b0080718_16030913.png
(写真はイメージです)

 怒ろうにも笑いが邪魔して怒れない。
 奇妙なボキャブラリーにやられて、テレビのリモコンの停止ボタンを押すしかないのである。
「絶妙なズボン丈って─」と言い返そうとしただけで笑い崩れてしまう(←アホ)。

 母の笑いのツボを知り尽くしているムスコ。
 新聞を広げるとわざわざその上に寝そべり、人の視界を占領する猫のようである。

 そこまで可愛くないけどな。

[PR]
by vitaminminc | 2017-10-08 16:16 | 笑い | Comments(0)