ブログトップ

目から鱗ンタクトレンズ

愚痴ってもいいですか

 8月のお盆に東京の実家に帰った晩、亡父の夢を見た。
 
 近所(実家の近くに似た街並)をウロウロしている2匹の真っ黒い野良犬(成犬)のことで悩んでいる私に、父が話しかけてきた。

 「なんだ、また犬のことを心配してるのか?」

 「うん。だって、あのままじゃ保健所に連れてかれちゃうんじゃないかって」
 
 「いいよ」と父は困ったように微笑んだ。「飼ってあげればいいじゃないか」

 私は子どもみたいに小躍りした。

 「ほんと? ほんとにいいの? おとーさん、犬2匹だよ? 2匹ともいい?」

 「ああ、いいとも。おとうさんはみん子が悩んでいる姿を見るより、そっちのがずっといい」

 「わ~! ありがとう、おとーさん!」

 目覚めと同時に、それが現実ではなく夢だと知って、少し泣きそうになった。


 おとうさん。
 今私、犬と一緒にいないんだよ。信じられる? 
 この私が、犬と一緒じゃないなんて。

 ぽっかりとした気持ちに、ふと襲われるのは、犬のいない生活というのに馴染まないせいだろう。

 だんなは、前に言ったことがある。
 「外で鎖につないで飼うのなら、絶対に家にあげない条件で、おまえが全部面倒を見るというのなら、勝手にすればいい」

 そんなんじゃ嫌だ。私は犬と一緒に暮らしたい。
 こんなに暑くなってしまった日本の夏。外で、鎖でつないで飼うなんて、絶対に嫌だ。
 
 5年ほど前に亡くなったポポは、実家にいたときは室内で寝起きしていたが、私が引き取ってからは、ずっと庭で鎖につながれていた。
 だんなが、犬を家にあげることを許してくれなかったからだ。

 真夏、暑さに喘いだポポは、土を掘り返し、穴の中で涼をとっていた。
 すると今度は穴を掘るなと言って、ダンナはポポを叱りつけた。

 こんなヤローのもとでは、犬とは暮らせない。

 
 去年、猫の茶尾を亡くし、私のぽっかりはまたジワジワ大きくなり始めている。
 兄貴分の猫=眠眠も、どこか寂しげだ。
 子どもたちも、犬が飼えないなら、もっと猫を飼いたい。
 犬と猫の両方が飼えたら一番いいのにと思っている。

 ある日のこと。近所を縄張りにしている野良猫たちが夏に生み落とした仔猫について、子どもたちと話し合っていたら、だんながいきなり自分の部屋から出て来て一言。

 「もうこれ以上、猫も犬も飼わないからな! 絶対にダメだからな!」

 
 おとーさん。
 私のオットは、酒も煙草もギャンブルもやりません。女癖も皆無です。
 つまらんくらい、超真面目なオットですが、私は満たされません。
 オットが動物嫌い。この現実が私の心に穴を開け、私の心はいつだってカラカラなのです。

 結婚前の約束(私と結婚するとモレなく犬と猫がついてくることになるがそれでもいいか?⇒いいです、動物は好きです)を破棄し、事実上、動物を飼うことを禁じているオット。

 先日眠眠が、わざわざそんなオットの和室に入り、畳の上にゲロゲーロした時は、ザマー見ろ 超焦った。
 「なんでママの部屋で吐いてくれないのよ~!?」
 畳が磨り減るくらい、何度も何度も拭き掃除をしながら、わんにゃんを愛せないオットのことを愛せない自分を実感。

 わんにゃんを愛せなくても、せめて私たちに好きなようにやらせてくれりゃ~よいものを。
 ノータッチでいい。許可するくらい、できねーもんか。ドケチ!
 敢えて「ダメ」と言い切るってことは、よっぽど嫌いなんだろう。
 けっ!!

 おとーさん。
 また夢に出てきてよ。
 ぽっかりの私に、「いいよ」と苦笑してみせてよ。「犬を飼ってもいいよ」って言ってみせてよ。
b0080718_17394798.jpg

                  オットに「部屋に入るな」と言われているくせに、すぐに
           襖を開けて入る眠眠。オットがいないと平気でオットのベッドでくつろぐツワモノ。
           しかし猫の室内飼いは事後報告の末しぶしぶ承諾したのに、なぜ犬はダメ?
Commented by みんみん梅桜紫陽花彼岸花 at 2009-11-29 00:09 x
ペットについては、家庭の事情という間がなによりも優先されるから、お姉さんの家の事情においてご主人のコンセンサスを取り付けない限りあかんわなあ。我が家のバーニーズは家の中でぬくぬく暮らしてることを考えるとそのよさをお姉さんの旦那さんに伝えてあげたいものやね。
Commented by にゃおん at 2009-11-30 04:34 x
えぇ、えぇ、いいですよ愚痴っても。心がカラカラなんて気の毒に。汗はダラダラなのにさぁ~(ごめん) うちの娘に《好きになった人が動物嫌いだったらどうする?》って聞いたら《絶対好きになんない》ときっぱり。でも《動物大好きだよって言ってたのにウソだったらどうする?》と聞いたら《へっ?そそそんなことあるの?》と言ったんで《ある》と教えてあげました。うちの夫にも、結婚前と言ってる事が違うやん・・・ということいくつかありムカつきますが、み茶ママの事を思えば大したことないっちゃないか。動物を家族に迎えるならみんなで温かく迎えたいもんね。旦那さんがそこまで頑ななのは幼少期にでも動物で嫌な思いをしたことでもあるんかねぇ? 時間かかるかもしれんけど旦那さんの心がほぐれるよう一緒に策をねろうぞよ。 ファイトです。
ちなみにうちの夫、そう動物好きでもありません(嫌いでもない)でしたが、子供達が反抗期になり誰も構ってくれなくなった昨今、にゃんこにべたべたです。
Commented by vitaminminc at 2009-12-07 08:01
❤みん花さま❤
毎度のことながらお返事が著しく遅くなり恐縮です。
みん花さん家のベル姫は、ご家族みんなに愛されて幸せものですね。
ワンコは特に、相手が自分のことをどう感じているかを敏感に察知するので、自分が家族のリーダーに歓迎されていないってことがわかってしまうのですね。これは悲劇です。(その点マイペースなニャンコは救われている)
私がカカア天下を取れさえすれば良いのですが、ウチのダンナ、
まだ当分関白の座を退くことはなさそうじゃのぉ・・・。
Commented by vitaminminc at 2009-12-07 08:09
❤にゃおんさま❤
お返事遅くなりました。陳謝!
ダンナ自身は動物にひどい目に遭わされたことはないのですが、
動物に対してトラウマがあるとしたら、自ら動物が大嫌いだと話すダンナのお母さん(←でも人にはやさしい)かな。
だからダンナの動物嫌いは母親の影響大なんです。
ウチの子どもたちには、ペットと一緒に暮らす相手としてふさわしい人を選ぶなら、相手の言葉よりもその母親が動物好きか否かを確かめるべし!と言い聞かせているんでやんす。へぃ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2009-11-25 17:50 | Comments(4)