はぶらしのなく頃に

 「一限の授業なんかとるんじゃなかった~」
 ムスメは今朝も、バタバタ身支度しながら嘆いた。大学4年後期で選んだ科目が、よりによって朝一に組まれていることを。
わかりきっていたはずなのに。「それでも履修したい」と望んだ、あの美しい向学心は何処へ?

 「ハブラシ! ハブラシがない! なんで? さっきまで持っていたのに! 奥さん(←私のこと)、私の青いハブラシ知らない?」
 「知りまっかいな」
 「あ~、もう! 駄目だ、時間がない、もう行く!」
 突如として消えたという、ムスメのハブラシ・・・。歯はちゃんと磨き終えていたのだろうか。

 ムスメが家を飛び出したリビングルームには、まったりとした静寂が漂っていた。
 猫の眠眠と私だけ。
 身支度を整えて、そろそろ私も出勤せねば。

 ふと目に入ったキッチンカウンター。
 何だ? この違和感。
b0080718_19253926.jpg

 ゲゲッ!カウンター隅のペン立てに、仲間はずれのものを1本発見。
 大丈夫かいな、私のムスメ・・・048.gif
 ま、キッチンカウンターにペン立てを置く母親も母親だけど。


 

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2014-09-29 19:32 | 笑い | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31