人気ブログランキング |

生き場所

  破れたソファーに座って
  生き場所を探す猫みたいに
  爪で 皮膚で 指で 手の平で
  腕で 肩で
  胸で君を確かめてた
  今日も生きてるかを
  最高な世界へ 最高な世界へ── (THE YELLOW MONKEY #BRILLIANT WORLD)


 仕事から戻って眠眠の様子を見にいくと、眠眠は床でへばっていた。
 床のそこかしこに、黒い墨をなすりつけたような跡があった。
 眠眠のウンチだ。
 ペースト状の餌に、墨のサプリを混ぜて与えている。
 身体に溜まった毒素を墨に吸着させ、ウンチと一緒に排出させるのだ。
 よく見たら、ベッドの上の毛布にも、間に合わなかった墨が付着していた。

 餌と呼べるような量を口にしていない。
 昨日やっと歯茎に塗りつけられた量なんて、紅筆にとったリップクリーム程度だ。
 トイレの中にも、猫砂1粒ほどの墨の塊があった。
 ずいぶん苦労して、あちこち洩らしながら、目的地まで辿り着いたようだ。
 なんて偉いんだろう。

 昨夜から今朝にかけて、40分間隔で鳴いて起こされた。新生児の授乳よりしんどい。
 疲れ果てた私は、とうとう鳴き声に気づかずに、深く寝入ってしまった。
 突然、何かが落ちる音で目が覚めた。
 眠眠が、私を乗り越えて、ベッドから床に落ちたのだ。
 本当は、降りたつもりなのだろう。
 けど、もう踏ん張る力が残っていないから、結果的に落下した。

 私は飛び起きて、眠眠を抱きしめた。
 ごめんね、ごめんねと何度も謝った。
 眠眠が落ちないように、要塞となって寝ていたくせに、まったく気付けなかった。
 骨と皮だけの身体だ。
 痛かったろうに。

 今日も床にへばっていたところをみると、また落ちたのだろうか。
 今朝は一応、床にクッション材を敷いておいたけど。
b0080718_18330062.jpg
 どんままさんの素晴らしい知恵を拝借して、子ども用プールも取り寄せた。
 完全防水の簡易寝床である。
 ふらふらになって壁にぶつかったとしても、これなら安心、痛くない。
 試しに寝かせてみたけれど、這い出ようとして、空気入りの壁に爪を立てる。
 ベッドだと落ちたら危ないのに、上で寝たいらしい。
 よし、プールはいよいよ動けなくなった時のために、準備だけにしておこう。

b0080718_18310001.jpg
 眠眠に、紙おむつを穿かせた。嫌がる体力も残っていないから、されるがままだ。
 明日は仕事が休める。一日そばにいてあげられる。
 オシッコも出なくなってきた。
 知っている。こうなると、もうお別れが近いって。
 そういえば、声も出なくなった。
 鳴らない管楽器のように、空気だけが漏れる。
 でも、眠眠は腹を膨らませ、小さな口を開き、必死に訴えている。
 つらいんだよね。

 ふと、横たわる眠眠を見て、いっそ息が止まっていたらと願う。
 だって、そうだとしたら、苦しまずに逝ったことになるから。
 痩せこけた腹が、かすかに上下している。
 なんてことを考えてしまうのだろう。
 でも、本当に、少しでも楽に逝かせてあげたい。それだけが願いだ。
 もう長いことずっと、ずーっと気持ち悪いことに耐えてきたのだから。

 神様。眠眠が、どうか少しでも苦しまずに神様のもとに行けますように──
 

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2015-04-24 18:40 | Comments(0)