人気ブログランキング |

はっけよい、たけのこった!

え~~~、ここらで景気づけに、昨晩の超不毛な親子の会話を再現しますです。

♠大馬鹿ムスコ
❤ドアホ母(me)

♠「あ~~腹減った!なんか喰うもんない?」
❤「え~~~、今夕飯食べたばかりじゃない」
注)母(←私だ)は重症の眠眠ロスで食事をつくる気力がわかず、この日はスーパーで買った寿司、大根と胡瓜のサラダ(←適当に切って梅こぶ茶で和えただけ)、タケノコの味噌汁のみ。
♠「足りねんだよ。なんか喰うもんくれ」
❤「タケノコご飯炊いた(←明朝用)から、なんならそれ食べてもいいよ」
♠「う~~~ん。なんか違うな」
❤「何がどう違うって!?」
♠「いや、何となく」
❤「うるさいなぁ、もう! 邪魔だからあっち行って!」
♠「あれ? それどうするつもり?」
注)母は残ったみそ汁の中からタケノコだけを取り出すと、小鉢に入れ始めた。
♠「おい、何をやってるのかと聞いている」
❤「あんたの明日のお弁当用に取り分けてるの!」
♠「味噌汁に入ってたタケノコを? 汁が出ちゃうじゃないか」
❤「(汁は)レンジで飛ばすから大丈夫です」
♠「やめてくれよ、なんでわざわざ水分を蒸発させて不味くしたのを入れるんだよ?」
❤「汁がこぼれると困るって、ムスコ自分で言ったじゃない。どいてよ、冷蔵庫開けるんだから」
注)母、小鉢にラップをかけ、冷蔵庫にしまう。
♠「おい。今、人の話、聞いてた? 俺は、タケノコを、弁当に入れないでくれ、って頼んだんだよ?」
❤「いいじゃない、たまには旬のものを入れたって」
♠「なんでそんなにこだわるの? 食べるのは俺だよ? その俺が入れないでくれって言ってんだよ?」
❤「作ってもらっているくせに、なんでそんなにエラソーなのよ!」
♠「はい、はい」
❤「おかずが弁当箱の中で寄っちゃわないように、一品でも多く入れたいの!」
♠「どーせ蓋開けりゃ毎日寄ってるって。1つくらい足したって変わんねーよ」
❤「入れさせてくれたっていいじゃない! 旬のものを食べさせたいという親心がわがんねが?」
♠「いつもの冷食でいいよ、それと変な卵焼きで」
❤「嫌なこと言うねぇ。だからこそ入れたいんです。ムスコ、タケノコ好きでしょ?」
♠「好きだよ? だからわざわざ干からびさせるなと。おい、さっきのヤツ何処にしまった?」
❤「ちょ・・・何すんのよ、レンジで温めるだけ、干からびません! やめなさいって、冷蔵庫の扉を長いこと開けてちゃダメ!」
♠「俺ぁ嫌だ。乾いたの喰うぐらいなら、今喰ってやる!」
❤「あ!!」
注)ムスコ、小鉢のラップをひっぺがすが早いか手掴みでタケノコを口に放りこむと、モグモグしながら不敵な笑みを浮かべる。
 
(ーー;)大体いつもこんな調子。みなさん、この↑↑↑会話がいかに馬鹿げてるかおわかりですね? 
まぁ大半は私がですけど。
旬のものを弁当のおかずに加える加えないでギャーギャー言い争っていましたが、どの時点でヌケ落ちたものやら──翌朝お弁当に詰めるゴハンが、タケノコの炊きこみご飯だってこと。
b0080718_14554948.jpg





名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2015-04-28 15:04 | 笑い | Comments(0)