人気ブログランキング |

お礼参り

b0080718_17234818.jpg
てへへ。
私と眠眠の寝室には、骨になった眠眠が瞑っております。

火葬した翌日、最後にお世話になった、眠眠を痛い口内炎から救ってくれた、あのA医院に、お礼の挨拶に行きました。骨になった眠眠を連れて。もちろん、ほかの患者さんの飼い主さまがギョッとしないように、大きめの手提げ袋に入れて、待合室では人目にふれないよう気を付けました。

先生は、もう私がなんのために来たのかわかっておいでのようでした。
「無事に、このようなカタチになりました」と言って手提げ袋から骨壷を取り出して見せると、先生は生きてた時と大して変わらない仕草で骨壷を撫でてくださいました。骨壷を伴ってやってくる変な人間は私くらいのものでしょー。
「最期の最期に、一緒に居られる時間を大切にと言っていただき、眠眠を無用な苦しみから少しでも解放させてあげることができました。先生には本当に感謝しています」
嗚咽しそうになって、やっとそれだけ言うと、先生は言葉少なに、ただただやさしい目でちょっと笑って、うんうんとしきりに頷いておられました。

私はホネ眠眠が入っていたのとは別の、もう一つの大きな手提げ袋から中身を取り出し、診察台の上にそっと並べました。
それは、輸液を入れるための注射器、眠眠の皮膚に突き刺してきた翼状針などです。B病院で大量に購入し、余らせてしまった未使用の医療器具でした。目にするのがあまりにツライしろものなのでした。
「家に置いておいてもただ劣化させるだけなので、引き取っていただればと──」
「はい! 喜んで使わせてもらいますよ」
「助かります。ありがとうございます。この子の供養にもなります」

そのあと先生は、ちょっと言い淀んだように2秒間ほど右手人差し指を刑事コロンボのように額に当てて、
「あの、ワタシの知り合いに、有名な住職がいて──別に有名なのは関係ないんだけど、このような骨壷の祀り方を前に教わったんですよ」と話し始めました。
それによると、ペットの祀り方は人とは違うのだそうです。現世で一緒に暮らしていても、ペットと人は、帰る場所(あの世)が異なるので、人と同じように祀ってしまうといろんなもの(あやかしとか邪霊?)が寄ってきて、愛するペットの成仏の妨げになるので気をつけるようにと住職から言われたそうです。
何をどう気をつけるのか──。

 1.骨壷とか遺影は、床より高い台の上に並べてよい。
 2.お花やお水などのお供物は、床に置く(ただし、敷物は敷いてよい)
 3.お線香も床に置くが、線香立ての中には灰ではなく、砂か土を入れる。

「ワタシも専門家ではないんで詳しい理由はこれ以上説明できないんですが、親しい住職がわざわざ教えてくれたことなので、ワタシも家ではずっとこのやり方でやってます。宗派によっても違うでしょうし、もちろん信じる信じないは自由ですよ」

先生はその寺を紹介したわけでもなんでもないので、私に伝授してくれたところで先生自身には何のメリットもありません。
なので素直に従うことにしました。ただ、線香立てについては、灰に立てるタイプのものではないので、結局灰はもちろん、砂も土も使っていません。
床に直接お供物を置くのは抵抗がありましたので、眠眠が元気だった頃に、フードと水を並べて置いたトレーを置いて、そこにお供え物を置きました。早い話が、生きてた頃のスタイルそのままに。
 
四十九日には、先達が眠る地元のペット霊園に、納骨に行く予定です。




Commented by キャサリン at 2015-05-12 11:06 x
ほんまに、ええ先生や~。

みちゃままさんも眠眠さんも、その先生の元に辿り着くようになってたんですね。
物言わぬ子らの病院、なかなかしっくりくるとこ見つかりませんもん。
近くやったら、うちの坊ちゃんも診てもらいたいわ~。
Commented by vitaminminc at 2015-05-13 10:14
❤キャサリンさま❤
そうなんですぅ~。先生は秘密にしているけど、絶対ペットの
心が読めるエスパーですよ。わんこの前足の毛が禿げた時だって、他の病院なら皮膚組織をとって顕微鏡で調べるところ、先生は一目見て「心因性のものです!」と一蹴。
まったく検査しないで「うんと声をかけてあげるように」とだけ言ってお金をとらなかったのです。
「この子はだいぶ利口な子です。淋しいけど、何の要求もしないで自分の手をハゲるほど舐めて我慢してるわけです」
当時ムスコがお腹にいて、体調が悪く、朝夕わんこを散歩に連れていくのがやっとだったんです。そう言えばかまってあげてなかったと反省。でも、検査もしないで大丈夫だろうかと半信半疑ながら、うんと声をかけてスキンシップを続けたら、本当にハゲが治ったんです!
やつれ果てた眠眠を見た時も、「先生、オレしんどいッス」という眠眠の心の叫びを聞いていたのかもしれません。
それにたまげたことに、先生はムスコガ生まれる前と全然変わっていないのです。17年間まったく老化知らず。当時はまだ若かった助手の女医さんと、今では同年代に見える・・・。
いろんな意味で超人です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2015-05-10 18:06 | Comments(2)