無理クリ済ますプレゼント

今月初めに、ムスコにクリスマスプレゼントに何が欲しいか尋ねたところ、プレゼントは要らない、その代わり借金をチャラにしてくれ、みたいなことを言われた。
借金というのは、先月購入したゲーム器だかゲームソフトだかの支払いを、私のクレジットカードで
立て替えた分だ。アマゾンで注文するときはいつもこうなる。
なんという親不孝者なのだろう。私から、プレゼントを選ぶ楽しみを奪った罪は重い。

味気ないクリスマスを回避するため、ムスメへの贈り物を選んだ同じ日、私はムスコにも贈り物を用意することを思い立った。もちろん、借金は帳消しにした上で。
要らないというムスコに、敢えて贈る私。なんと愛情深い母親なのだろう。

ムスコの好きなものを買って、自宅でせっせとラッピングした。
b0080718_177236.jpg

あんれまぁ、可愛くもいびつな林檎だよぉ。
意外な贈り物を手にしたムスコは、まんざらでもなさそうな笑顔を浮かべ、写真に撮った。
「何が入ってんの?」
軽い。振ると乾いた音もする。
「お菓子?」
ムスコは童心に返ったような笑みを浮かべたまま、包装を解く。
中から出てきたものは──
b0080718_17102233.png

おまえの大好物、カップ麺だよぉ。
ムスコは大いにウケて、中身も写真に撮った。自虐ネタとしてツイッターにでも載せる気だろう。

b0080718_17123081.jpg

「うずら~」と呼ぶと、「シャーッ」と応える、息ピッタリの愛猫うずらには、全長84cmの手作りトンネルをプレゼント。
b0080718_17153317.jpg

結構気に入った様子で、時々駆け抜けて遊んでいる。

プレゼントを喜ぶ、贈り甲斐のあるムスメには、ご所望の勤務先で使うステンレスボトルほか、私が勝手に補足して、ニットのワンピだとかディズニー・チェシャ猫の腹巻だとかを贈った。今日は早速ニットのワンピを着て出かけてくれたが、ワンピとして着るにはいかがわしいくらい短すぎた。下にパンツを穿けば大丈夫。もともとワンピではなく、ロングセーターだったのかもしれない(笑)

蛇足になるが、今日ちょっとしたイイ事があった。朝、仕事に出る際、途中でポストにハガキを投函しようと思い、すぐに取り出せるよう、バッグの口を少し開け、そこにハガキを忍ばせておいた。
チャリ通勤の私は、いくぶん強めに吹く風に逆らいながら、自転車をこぎ続けた。
赤いポストの前で自転車を停めて、バッグからハガキを取り出そうとして、思わず「あ」とつぶやいた。
入っているはずの、ハガキが、ない!
某保険の加入申し込みハガキである。目隠しシールを剥がされたら、私が実は結構いい齢をしていることも、どんな保険に入りたがっているかも一目瞭然。困る。大変、困る。
今来た道を振り返っても、それらしき落し物は見当たらない。
最近かすみ目で悩んでいる。遠くて見えないだけかもしれない。とりあえず引き返すしかない。
道路交通法に反して車道の右側を走りながら、必死でハガキを探したが、どこにも、ない。
風でどこかわからないところまで飛ばされしまったのか──
これ以上グズグズしているわけにはいかない。遅刻してしまう。がっくりと肩を落として、今戻ってきた道を再び戻りかけたその時、ハガキを発見した!
それは、縁石の、4つある側面のうち小さい面──進行する私と対峙する面を覆うように、しっかり貼りついていた。
ああ、ヨカッタ。個人情報流出云々よりも、保険の加入申し込みハガキを落とすアホとして地元民に認知されずに済んで。師走の風の、おくりもの053.gif
b0080718_17404688.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2015-12-26 17:45 | 笑い | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31