頑駄夢!

─{29日、パルコの向こう側にあるLABI池袋(ヤマダ電機)の7階、11時に「神戸パスタ」の店の前で。ビックカメラじゃないよー}

11月に入り、高校時代の友人A子から届いたLINEである。
昨年11月末、私はA子とC子と久しぶりに会った。久しぶりという表現では足りない。C子とはおよそ32年ぶり。A子となんて高校卒業以来である。

当日は、早めに家を出た。ネットで調べたら、駅からほど近い。この分だと30分前には到着してしまうだろう。
そんなことを思いながら、池袋駅に降り立った。
ネットで調べた出口から地上に出た。駅前から見えるかなと思ったけれど、看板が見えない。「パルコの向こう」って、パルコを背に立った場合、左方向に行けばいいのか、右方向に行けばいいのか?
「ビックカメラじゃないよー」ということは、ビックカメラと間違えやすい位置にあるということか。あ、あれに見えるはビックカメラではないか。
LABIが見えないので、ビックカメラに向かって進んだ。おぉ、あったあった。ビックカメラの隣にLABIが。
私は迷わず店内に入り、エレベーターのボタンを押した。
案内板によると、7階フロアは「GANDAM」となっている。さすが大型電器店。フロアーの名称までアキバっぽく凝っている。
エレベーターに乗り込み、7階のボタンを押す。
正直、案内のどこにも「神戸パスタ」がないことに、一抹の不安は覚えていた。しかし、7階「GANDAM」フロアの奥に、神戸パスタはきっとある。
エレベーターが7階で停まり、扉が静かに開いた。
なんだろう、この独特の空気圧。
歩みを進めた私は、異質なものにぐるりと取り囲まれた。隙間なく並べられ、積み上げられた、箱という箱でできた壁。まるで迷路みたいだ。
フロアは異様に静まり返っていて、遠くに2、3人の男性客(←明らかにディープなアキバ系)が見えるのみ。
この壁の向こう側に、きっと神戸パスタがっっ! しかし、休憩用のベンチはあれども、飲食店など皆無なのであった。
私は理解した。
ココは表示どおり、GANDAM専門フロアでしかないのだと。
へなへなとベンチに座り、すぐさまA子にLINEした。
─{7階に着いた。GANDAMだった}

私はレジカウンターに立っている男性店員のところに行った。この時点でようやく気付いた。自分がこのフロアではエイリアン(←50過ぎのババア)なのだと。
店員は、エイリアンに親切だった。
「神戸パスタ? でございますね? こちらはLABI、モバイルドリーム館になりまして、神戸パスタさんは、LABI、日本総本店の方の、7階になります」
「こちらじゃなかったんですね」
客の言動に吹き出さないよう教育を受けた優秀な店員は、B6サイズのチラシのような地図を手渡しながら言った。ものすごくハキハキと、一語一語クッキリと。
「まず、1階までおりてください
「はぃ」
「いったん駅の方まで戻っていただきますと、一つ目の信号がございます」
「はぃ」
「その信号が、青になったら渡っていただき、少し左に折れていただきますと、もう見えてきます」
「ありがとうございます」

神戸パスタに到着すると、すでに2人が店の前で待っていた。
私のLINEを見て、「こいつ大丈夫か?」「迎えに行った方がいいんじゃない?」と大いに ウケて 心配していたらしい。

「ビックカメラじゃないよー」という注意を、ビックカメラ隣にあるモバイル館の方じゃないからね、とは解釈せず、わざわざそこを目標にした私。
店内表示に「神戸パスタ」の案内がないどころか、目的のフロアが「GANDAM」となっていたにも関わらず、素敵なフロア名だぁ、と受け止めた私。

「ふつう、GANDAMで(間違いに)気付くでしょー」とC子が笑った。
「なんか高校時代とちっとも変ってないよね」とA子も笑った。
30余年の隔たりは、相変わらず方向音痴な私の出遅れた登場で、一気に解消した。

私は基本的に変わっちゃいない。成長もしていない。
思い込みで進んでしまう、ななところ。いろいろと目なところ。浮世離れした白昼みたいに、夢見がちな解釈をしてしまうところ。
つまり、アホ!
b0080718_10560508.jpg
 






名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2016-01-20 11:15 | 笑い | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31