色足是空

のっけから余談。甘利氏が、経済再生担当相を辞任。
昨年5月に行われたマイナンバーのPR記者会見で、ゲスの極み乙女。の替え歌なんか披露していたから、ネット上では「ゲスの呪い」なんて揶揄されている。
安倍総理が最も失いたくなかった閣僚の一人。アマリにも残念。
b0080718_12455730.png
私も密かにそう思っている。
だって、テレビで甘利氏が映るたびに、あの長い額に圧倒され、そこに「寿老人」を見ていたから。
それが「受領人」の責任をとって辞任とは。。。(嘆)
b0080718_12461280.png


さて本題。子にゃんこ「うずら」の話。
うずらが我が家の一員になって、早2ヵ月。
来た当初は800gしかなかった体重も、今日測量したら2200gになっていた。推定生後4ヵ月の子猫の平均体重が2000g前後なので、いたって順調(^^♪

うずらは相変わらず「シャーッ!」と鳴く。毛の生えたコブラとしか思えない。
どうやらうずらにとって、人に対して「鳴く」ことは、「威嚇する」ことと同義らしい。
ふだんが「シャーッ!」。で、本気になると、これに「ゲッ!!」という破裂音が加わる。身体が大きくなった分、この破裂音の迫力には、さすがにビビる048.gif

人に対してではなく鳴く(=独り言)場合は、多少ヘビ以外の声も出るには出る。
滅多に耳にすることがないけれど、「きゅ~」と鳴く。例えば、遊んでいたピンポン球が、自分の飲み水が入った器に飛び込んでしまった時など。
この「きゅ~」という小さなつぶやきが、崩れ落ちそうになるほど可愛い。
猫語は、我が家に来た当初、一回だけ(おそらく母猫を呼ぶ際に)発したのを最後に、キッパリ捨ててしまったらしい。
「シャーッ!!」ごくたまに「きゅ~」と鳴く、ギロッポン出身のキジネコ。

ところで、うずらには、大好きなトモダチがいる。それは、ちゃんと血が通っていて、うずらが抱きかかえるのにちょうどいい大きさをしている。
好きすぎて、甘噛みせずにはいられないし、逃げないように爪を立ててしまうので、結局いつも逃げられてばかり。
こないだは、抱きかかえたまま眠ってしまった。トモダチも嬉しいやら困るやら、どうしていいかわからなかったみたい。
トモダチは、うずらの温かいお腹を愛おしいと思った。
トモダチは、うずらの腹式呼吸に身を任せていた。
トモダチは、なぜか痺れた。

トモダチは、私のくるぶしから先である。
うずらは、トモダチを私の足とは認識していない。
なぜなら、トモダチは必ず掛布団の中からちょこっとだけ顔を覗かせる、ベッドの上の住人だから。
昼間私が留守にしている間、うずらはずいぶん頑張って布団の中を探している(に違いない)。
結局探せなくて、そのまま布団の中で眠ってしまうようだ。
家に帰ると、乱れに乱れた掛布団の中に、うずらが丸まっていることがたびたび。

b0080718_12285883.jpg
トモダチと固い握足を交わすうずら

b0080718_12291467.jpg
トモダチがいないときは、エビくん(ペティオのけりぐるみ)を招待するうずら


b0080718_13280058.jpg
あるいはおもちゃを持ち込んで一人遊びする、猫界ではタレ目のうずら


慢性的な猫風邪に悩まされていて、目薬を絶やすことができない。
風邪を悪化させないように、暖房と空気清浄機と加湿器をツケッパにしているため、光熱費が二倍に跳ね上がっている。
それでも構わない。
私にはうずらが絶対必要。
すごくすっごく可愛いんだけど、頼むからさぁ、「ゲッ!!」だけは止めてくれないかな、怖いから(笑)













名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2016-01-29 13:41 | 生きもの | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31