2メートル80センチメンタル

仕事から戻って人心地ついたところで、コタローがいる居間の戸を開放した。
b0080718_21112022.jpg








くーちゃんがいる私の部屋のドアを開放した。

b0080718_21142091.jpg








開放してから1時間ほど経ってようやく─。

b0080718_21193876.jpg







b0080718_21282535.jpg







くーちゃんが、階段の途中まで降りて来ていた。
「コタローはまだ子どもだからよろしくね」と伝えた。
くーちゃんは、お返事の代わりに、ゆっくり瞬きをしてみせた。
コタローはくーちゃんをじっと見上げた。
にゃ~にゃ~可愛い声で鳴いてみせた。
それから居間に戻ると、なぜかマンマを食べ始めた。
なにゆえ、今?

b0080718_21161713.jpg






くーちゃんも「ま、いっか」てな調子で私の部屋に引き上げてしまった。
私が様子を見に行くと、甘えてお尻を差し出した。
しっぽの付け根を撫でてもらうのが好きなのだ。

b0080718_21164553.jpg




お腹も撫でてみろやと催促。ぽんぽこりんの可愛い体型。

b0080718_21174876.jpg




そして、大あくび。

b0080718_21173008.jpg




見知らぬ猫─子どもとはいえ、すでにくーちゃんと同じサイズ。
階段の途中と廊下。高低差2メートル80センチ。
両者初めて目を合わせたとは思えないほど、妙にリラックス。
これは幸先が良い。
互いに相手を敵とは見なさず、自分に危害を加えないと判断したもよう。

ところで、うずらは一体どこ? どこにいるの?
コタローの鳴き声が聞こえなかったはずはないのだけど。

あ、いたいた。よそ者に警戒して、床に張り付くように身を潜めてた。

b0080718_21230863.jpg




このあと、3時間以上何の進展もなく時が過ぎていった。
くーちゃんとうずらは私の部屋。コタローは居間。

おや、コタローに動きが。やっぱり上が気になるみたい。

b0080718_21200700.jpg






階段の上に光る眼が(笑)くーちゃんもコタローが気になるんだね。

b0080718_21213763.jpg






コタローが階段を小走りに駆け上がっていったよ。

b0080718_21222380.jpg

でも、くーちゃんが私の部屋に入ってしまったみたい。
すぐに階段をおりてきて、居間に戻っちゃった。

初日はこんな感じで十分。
コタローを抱っこして、無理に私の部屋に連れてって引き合わせることはない。
抱っこされるのが好きではないから、抱っこ➡嫌=姉たち➡嫌という印象は避けたい。
自然に任せるのが一番。

予想以上に穏やかなご対面で、なんかホッとした。













































[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2017-04-19 22:12 | 生きもの | Comments(0)