猫・ねこ・ネコ

我が家の猫3匹の近況をば─うちの子になった順に。

b0080718_15211103.jpg
































うずら♀推定1才7ヵ月。愛称「うずぴ」
これぞ猫の中の猫。
生後2ヵ月あまりの、ほんの赤ん坊状態で我が家に来たというのに、当初からフーシャーフーシャー。
いまだに気に入らないことをされようものなら、死に物狂いで抵抗し、凶暴化する。
今日も爪切りのために動物病院に連れて行こうと捕獲を試みたが、あっけなく断念。
(うずらに)殺されると本気で思ったからだ。
ツンデレの比率は、9:1。
私が寝ている時に限り、週に1回か2回、短い時間だがすり寄って来る。
うずらにすり寄られる奇跡の果報者は、我が家で私のみ。
この上ない恐怖感と、この上ない優越感を与えてくれる野生児、それがうずら。
獣医の話では、猫という生き物は、ほぼ100%父親の性質を受け継ぐらしい。
なるほど。うずらの母親は、人間から食べ物を与えてもらっていた。
だから多少なりとも人に馴れていたはず。
なのに、うずらはなんでこんなに来るものを拒むのか、ずっと不思議に感じていた。
「よそ様にもらわれたうずらのきょうだいも、子猫の時分からフーシャー系だったみたいです」
と話したら、
「ならやっぱり間違いなく、父親が相当キツイ性格だったんだろうね」と。
ブラッシングが嫌いで拒絶するくせに、毛並みは極上。
身体の均整バツグンで、かなり美猫。え? 親バカ? いいえ。ただのマゾヒストです。
b0080718_15393583.jpg





















b0080718_15420764.jpg
























くー(Kuh)♀推定3才~4才 愛称「くーちゃん」
見よ、この任侠美。凛々しい横顔。
左右アシンメトリーで、どの角度から見ても違う柄。
ポンポコボディーに超短い巻尾が超魅力的。
我が家に来て半年過ぎた頃から心を開いてくれた。
ラバーブラシでブラッシングしてもらうのが大好き。
北極の雪よりも白い純白の毛と闇夜のカラスよりも黒い漆黒の毛。
梳かしてブラシにとれる毛の色は、ロマンスグレーであります。
私が眠っていると、「暇なんだけど」と言いたげに、ふざけて猫パンチをしてくる。
当猫は肉球タッチのつもりらしいが、伸びた爪の先が、何度も腕や足にサクッと刺さる。
起こされるだけでも勘弁なのに、痛みを伴うなんてあんまりだ。
なので、本日捕獲して、爪パッチンしてもらいに動物病院に連れて行った。
今回の捕獲の勝因は、遊具の蛇腹トンネルに逃げ込んでくれたこと。
両方の出入り口を素早く塞いでそのまま特大ネットへ。
ネットから器用にトンネルのみを取り出している間、おとなしくしていた。
動物病院でも暴れることなく、ずっとおとなしくしていた。
でも野生時代が長かったから、いつキレるかわからない。
キレた時のくーちゃんは、サーベルタイガーになる。
前歴から見ても、嫌がるくーちゃんの爪を無理に切る勇気、私にはありまっせん。
だもんで、情けない話だけれど、爪切りは獣医さんにお任せ。
胃腸が弱いので、フードはずっと医療用。
ロイヤルカナンの消化器サポート(必然的にうずぴも)。
た、高いマンマですが、がんばりますぅ~(T_T)/~~~
b0080718_16185464.jpg
















b0080718_16210624.jpg



























コタロー♂推定生後8ヵ月。愛称「コタポ」
小春日のように穏やか。鈍くさくて甘えん坊。
呼べば眠っている時以外、ワンコのようにやって来る。とにかく素直。
こんな性質も、獣医によれば父親譲りということか? うずぴの真逆である。

耳のうしろの毛がパゲてきたので、皮膚病かいなと焦り、本日くーちゃんと一緒に動物病院へ。
キャリーバッグに入るのが嫌でジタバタ抵抗したが、引っ掻いたり噛みついたりしないからいとも簡単♪
診察の結果、恐れていたダニや真菌性の脱毛ではないことが判明。
まだ確定段階ではないので、しばらく様子見とのこと。
悲しいことに「好酸球性肉芽腫」の疑いがあるそうだ。
白い毛の猫に多く見られる、自己免疫疾患の一つで、脱毛、湿疹、ただれなどを引き起こす。
重症化すると皮膚が再生できないまま鼻が溶けてしまう子もいるんだとか148.png
そうならないためには、免疫抑制剤を投与する治療が肝要とのこと。
「この子を最初に診た時、毛艶が悪いからもしや─とは疑っていたんだけど」
確かにコタローは常に薄汚れた感じだ。
見栄を張って写りのいい画像をアップしているからわかりにくいが、実際はムスコに言わせると、
「おまえはなんでそんなにバッチイの?」てなレベル。
シャンプータオルで拭いたり、こまめにブラッシングをしても、一向にきれいにならない。
先生の指摘どおり、毛艶というものが全くない。
おまけにひどい乾燥肌で、まだ1才前だというのに、肉球にひび割れが・・・149.png
階段から滑り落ちたり、高い所に飛び乗ろうとして失敗してばかりなのは、身体能力の低さだけではなかった。
肉球カサカサのせいで踏ん張りがきかなかったのだ。
獣医が、「オリーブオイルを塗ってあげるんでいいよ」と言っていたので、帰宅して早速塗ってあげた。
かなり嫌がられた。
生後半年から8ヵ月くらいのオス猫といったら、それこそヤンチャ盛り。
なのにコタローのおとなしさは一体どうしたことだろう?
生まれつきの虚弱体質がそうさせていたのかな。日々気をつけてあげねば。
いつ始まるかな~と思っていた発情期も始まらないまま収束。
我が家で最も乙女チックな、やさしいやさしい大和撫子タローでありんす。
b0080718_16513310.jpg











[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2017-05-10 17:06 | 生きもの | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31