うんコタロー

あれから10日以上経過。
猫ちゃん用酵素サプリ、プロバイオCATの効果や如何に?
ちょっと、使用前のまともな画像を撮れなかったもんで比較できないのが残念。
でも、明らかに変化が見られました。
使用前はコタローの耳の先っぽ、縁取りマーカーで縁取ったみたいにグレーに変色していたのですよ。
それが日に日に失せていきました。
獣医の話では、好酸球性皮膚炎は、血流の悪い末端に発症することが多いそうです。
まさにコタローの耳の先の変色がそれを証明していましたね。
それでは、ご覧いただきまshow♪
b0080718_08212809.jpg







































私の旧式のスマホだとやや不鮮明。でも、グレーの縁取りは消えてなくなりました!
灰色に縁取られていた部分は、瘡蓋のようなものだったのでしょうか。
今は新しい肌(殆ど無毛)が登場して、グレーの縁取りからピンクの縁取りに変わりました。
全体的に、ハゲの領域が狭まってきたのも喜ばしいです。
まだまだ薄毛。耳の血管が透けて見えますが、サプリ前と比べたらすこぶる良好!
b0080718_08234959.jpg







































何しろまだ半月も経っていないわけで、発毛には時間がかかりますからね。
体質改善。早めに始めるに限ります。
コタローの耳を守らねば!
b0080718_08245747.jpg







































肉球は相変わらずカッサカサ。フローリングで滑るのなんの。
磨き込んでもいない床に、普通に立っていられないんです。
立ってるだけで、後ろ足がつーーーーっと左右に滑り、股が開いてしまうんですから。

ところで、なんで「うんコタロー」などというタイトルにしたかというと──。
コタローのウンチとは無関係。
単に下記の内容と掛け合わせたにすぎません。

昨日仕事から帰って来たムスメが、通勤電車の車内吊り広告で面白いものを見たというのです。
「うんこ漢字ドリル」
調べてみたら、そのインパクトからでしょう、すでにSNSで話題沸騰だそうで。
b0080718_08391633.jpg











TV番組で、時々「盗聴」について特集組んだりしますよね。
盗聴犯罪のプロが特殊機材を用いて盗聴されている自宅を突き止めるという。
「盗聴電波をキャッチしました」といって、仕掛けられている盗聴器を回収。
あの特集を見るたび、ムスメと顔を見合わせてしまいます。
「ウチに仕掛けたとしたら、やがて盗聴犯が発狂する」
「その前に、番組でオンエアできない」

子どもが大好きな『うんこ』をすべての例文に使用して、記憶中枢に刻み込ませるというのがうんこ漢字ドリルの狙いと思われます。
その、子どもが大好きな単語─もっとも我が家では〇〇こではなく、もっぱら〇〇チ─を大人になっても連発しているわけです。
もはや意味などありません。ラップの「オーイエー」や「チェケラ」のようなものです。
意味をなさないからこそ、こうして恥も外聞もなく、平気でカミングアウトできるのです。
コトバとしての〇〇チ愛が強いムスメ。その車内吊りは、どんなに旅の、いや通勤の友となったことでしょう。
b0080718_08492710.jpg


















b0080718_09013765.jpg












吹き出しまでうんこのカタチ。

「その男は、うんこを手に取って立ち向かっていった。」
「きれいな花を集めてうんこにかざり付けよう。」

素ン晴らスイ。こんな例文つくるの、さぞかし楽しかったことでしょう。私も参加したかった。。。
「次の誕生日プレゼント、うんこ漢字ドリルにしてあげようか?」とムスメに言ったら皆まで言わさず断られました(笑)

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2017-05-24 09:09 | 生きもの | Comments(0)