ブログトップ

目から鱗ンタクトレンズ

ダレ?

1週間前くらい前の夕方だったろうか。
我が家に見なれぬ若者が侵入して来た。
(ぎょえぇっ!?)
びっくりして、しばし絶句した。
私はその若者をなるべく見ないようにして、そそくさと風呂に逃げ込んだ。
そして湯に浸かりながら、ムスメに緊急事態発生のLINEを送った。
21時頃になってムスメが帰宅した。
ムスメは予め私から連絡を受けていたから、いくらか心の準備が出来ていたはず。
それでも若者を見た瞬間絶句して、ようやく口をついて出たのが、
「あーーーパーマかけたんだ」
それ以上何も言えなかったそうである。
絶句のあとのセリフが、まるきり私と同じ。
で、若者は、たまらずに言ったそうだ。
「もしかして、不評?」
もしかしてどころじゃない、誰が見たって100%失敗だろ。
ゼミデビュー的にイメチェンを図ったのか?
新歓合宿を目前に、人生初パーマとは。
チャレンジャーというべきなのか。
せっかく髪がいい感じに伸びてきて、眼鏡も新調した。
そう、こんな感じになるといいな(⬅無理)と妄想していたのに─
b0080718_00171814.jpg


拉麺なのか顔面なのか。
なんでわざわざ小池さんになるのだよぉぉぉ?
b0080718_00194149.png






Commented by g-tant at 2018-04-07 08:53
使用前・使用後の姿勝手に想像して笑ってしまった
結構自信あったのでは?
ちょっとは褒めてあげてお母さん
Commented by vitaminminc at 2018-04-07 18:38
★ゼペットおばさま★
それがですねぇ(笑)
失敗したことを当人が一番わかっているような顔をして帰って来たもんで、
「あーーーパーマかけたんだ──」のあとの言葉を呑み込んだのであります。
ムスコの「もしかして、不評?」というのは、自分以外の目から見れば
そこまでひどくないのかもしれないという、淡い期待を捨て去る最期の
雄叫び?(ぷっ)ムスコの髪が伸びるのを、ひたすら待ち望んであります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2018-04-07 00:28 | 笑い | Comments(2)