ブログトップ

目から鱗ンタクトレンズ

ひつじ雲

10月7日の夕刻。
ベランダで風に吹かれながら、東の空に目を奪われた。
蒼い牧場いっぱいに広がる羊たちの群れ。
なんてきれいなんだ。
思わず、スマホでカシャッ170.png
b0080718_18323476.jpg

秋空に浮かぶたくさんの小さな雲のことを、私は半世紀近くにわたり、一様にうろこ雲(いわし雲)と呼んできた。
でも、この日の雲は、明らかに「鱗」ではなかった。
もこもこした銀髪の毛に覆われた「羊」だった。

ウェザーニュースによると、うろこ雲とひつじ雲は、それぞれ特徴がはっきりしていて、気象学的にも別の雲なのだそうだ。
うろこ雲=上空の高いところに発生する巻積雲がうろこ雲(いわし雲)。雲が薄くて太陽が透けるため陰ができない。
ひつじ雲=巻積雲に比べて低いところに発生する高積雲がひつじ雲。雲が厚いため、底に陰ができる。

【秋の雲を見分ける方法】
b0080718_18345050.png
(左)雲の塊が、人差し指からもはみ出すようなら、高積雲ひつじ雲
(右)小指1本に隠れた場合は、上空の高い所にできる巻積雲うろこ雲

ま、手を伸ばして測るまでもなく、細かくて薄いのが文字通りうろこ雲。もこもこしてるのがひつじ雲ですね。



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2018-10-09 19:05 | 自然 | Comments(0)