森に帰ろう

 テレビ・コマーシャルを見るのが好きだ。

 追い払っても追い払っても果物にたかってくる市場のコバエのように、たとえそれがどんなに番組に水をさしたとしても、だ。テレビからCMが消えてなくなるよりは全然いい。いや、なくなったりしたら困る。受信料の問題以前に、きっと寂しくてたまらなくなる。

 映画の予告編、東スポの見出し、そしてテレビのコマーシャル。短いものほどおもしろい。これまで見てきた平均15秒間のテレビCMの数々。心に残るCMは数え挙げたらきりがない。が、秋がどんどん深まっていくこの季節。深い森の奥へといざなってくれるようなCMはコレ。

 何年前だろう? AGFマキシムのコマーシャルである。BGMに流れていた、マティア・バザールの名曲「愛のブルー・トレイン」に耳も心も奪われた。この曲、当然レコードアルバムでは持っているのだが、ものすごーく残念なことに、CD化されていないのだ。これほどの名曲だ。いつの日か復刻盤CDとなって、再び私をあの森に連れて行って欲しい。
b0080718_152988.jpg

※懐かしいマキシムのCMをご覧になりたい方は、下のアドレスを‘コピー&ペースト’し、提供サイトへリンクしてみてください(無料)。

⇒⇒     http://jp.youtube.com/watch?v=S03kWf1BnXM

   

    
[PR]
Commented by chin-papa at 2007-10-10 21:13
わ、素敵♪でも残念ながらワシにはこのCMの記憶がないなあ。愛のブルートレインて曲も知らないの。洋楽に疎くて・・・。
そんなワシがこれまでの人生で一番印象に残っているCMは、もう30年近く前かなあ、ゴダイゴが出てた森永ピーチネクターのCM。当時ゴダイゴが大大大好きで、タケカワユキヒデと結婚するんだ、ワタシは!と信じて疑わなかったほどだったワシ。♪ピーチネクター、ピーチネクター、もーりなーがネクター♪の甘い歌声にのせて「桃ぴーちぴち」って。ああ・・・・なんて素敵、タケ。ぽわわーーーん。と本気で腰砕けだったのだ。今じゃすっかりなだらかな丘みたいな体型におなりあそばしてしまったタケカワさんだけど、でも、でも、やっぱり今でも結構好き。・・・でも結婚はしなくて良かった。あんなに子沢山になるとはね。
Commented by 鱗のファン at 2007-10-11 03:06 x
YouTubeで15秒CMがありましたよ。
http://jp.youtube.com/watch?v=S03kWf1BnXM

(1989年にキングから出された『シングルズ』というタイトルのベスト盤CDアルバムに収録されていたようですが、廃盤になってました)。他にも随分CMに使われた曲があったようですね。
Commented by vitaminminc at 2007-10-11 08:24
chin子ちゃん、いいじゃない、国境を越えてたくさんの子どもを養子に迎えるなんて。財があれば出来るってもんじゃない。タケカワさんはファーザー・テレサよ、愛が豊かなんだわ、愛がンダーラ。
マキシムのCMに出ていた、黒のロングマフラーが渋いナイス・ミドル・・・今ではロマンス・グレーの素敵なおじいちゃんになっているんだろうな。
それにしてもこの神秘の森の、なんと魅力的なことョ。久しぶりに押入の奥からレコードアルバムを引っ張り出して眺めてみたけれど、写真からマイナス・イオンが出ているみたいで、思わず深呼吸したくなっちゃった。
Commented by vitaminminc at 2007-10-12 08:06
うろ不安さま、お久し振りです! 実はYouTubeにリンクできるように、ブログ作成時にURLを貼付してみたんですが、うまくいかなかったのであります。
あ~ぁ、復刻盤、出ないかなぁ。もう一度あの素晴らしい歌声を耳にしたいものです。ホント、このヴォーカルの迫力があってかつ繊細なビブラートを聴くと、イタリア語って楽器のようで美しいなぁ~と思います。
Commented by vitaminminc at 2007-10-12 08:09
うろ不安さま。追伸であります。アドレスの貼付だとやはり時間が経過するとおかしくなってしまう(アブナイなぁ)ようなので、本文には「コピペ」のご案内のみ載せることにしました。廃盤情報まで教えていただき、いろいろとありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2007-10-10 15:49 | Comments(5)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31