遊んどるフィンキック

 今日はムスコが通っているスイミングスクールの、検定の日だった。
 毎月行われているにもかかわらず、検定に足を運ぶのは実に1年ぶり。要するに、ムスコは検定に臨む資格の有無を判定する「チェック」で、毎回落とされてきたわけだ。
 ようやく現在の級から足を洗うチャンスが巡ってきた。負けん気にも真面目さにも欠けるムスコだが、今回はいくらか緊張している様子だった。周りにいる顔ぶれが毎月少しずつ変わっていく中、自分だけが変わらず同じ級にいることに、さすがに居心地の悪さを覚えていたのかもしれない。

 検定の前に、「頑張って」とムスコに声をかけたが、何かもっと大切なことを伝え忘れているようで落ち着かない気持ちになった。
 試験が始まってムスコの泳ぎを見て、「しまった!」と気がついた。
 ムスコは毎回コーチから「キックが弱い」と練習ノートに注意されていた。そのことを念押ししておくべきだったが、もう遅い。
 3人同時にやらされた背泳。ムスコのコースだけが凪いでいる。白波が立っていない。コーチの指摘どおり、キックが弱いためである。
 スピードだけを重視してくれるなら、あるいは合格できるかもしれない。ムスコは2番にゴールした。しかし、ムスコたちのように中クラスでは、タイムよりも基本となるフォームが採点の基準になる。検定結果は、週明け2日だ。検定料を支払って受ける検定で、「不合格」になることは稀だとは聞いているが、今度ばかりは安心できない。

 更衣室から出てきたムスコに、
 「ビートが利いてなかったよ」と告げた。「検定なんだから、いつもの百倍頑張らなきゃ」
 「百倍? それはちょっとムリだなぁ」と苦笑いするムスコ。始まる前にねだって飲んだオロナミンCの力を借りても‘元気はつらつ’とはいかなかったようである。
 「でも」とムスコはいった。「ちゃんと先生には、伝えておいたから」
 「何を?」
b0080718_14472825.jpg

 「‘センセイ! オイラのキック、水面じゃー静かなもんですが、
 水中じゃー泡だらけなんでさー’(←江戸っ子風)」
 「(笑)先生ソレ聞いて、何て?」
 「ママみたいに爆笑しないで、ニヤッと笑っただけ」
( ̄ё ̄;)・・・ダミだこりゃ。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2007-10-28 14:52 | Comments(0)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31