無駄口 一葉

 土曜の昼下がり。仕事から戻った私は、上半分視界が狭まった状態でぼんやりとテレビを見ていた。日本語クイズの番組で、助数詞に関する問題が出ていた。

 ハガキの数え方は、何も書いていないものは一、二枚と数え、文字などを書いたものは一、二通と数える。配達という二次的要素が加わる場合も同様。だが、ハガキにはこれら以外にも数え方があるという。さて、それは何でしょう?

 「葉書」と書くくらいだ。一、二葉だろうと予想した。
 当たってはいたものの、読みを間違えていた。単位の「葉」は‘ハ’ではなく‘ヨウ’だった。
 そしてこの「葉」は、特に思い入れのある内容が書かれている場合に使うのだそうだ。
五千円札の肖像画が頭に浮かぶ──樋口さん・・・貴女ってお人は・・・そうだったのですね──感動した。
 美しい葉を愛でて鑑賞するように、思いが込められたハガキは一、二葉。思い入れの深い写真や絵も一葉、二葉と数えるらしい。ひゃ~! 初めて知ったヨウ!

 興味がわいた私はネットで「みんなの知識・ちょっと便利帳」というページを見つけた。その中の作品に出てくるものの数え方〔助数詞〕のコーナーがお勧めである。ここでは、「葉」など助数詞が使われている小説の一節を紹介している。ほほ~、こんなふうに使うのか。聞きなれない助数詞であっても、その使い方を学ぶことができるのだ。

 <例>太宰治 「猿面冠者」より
 ──そこへ、ほんとうに風とともに一葉
   手紙が彼の手許へひらひらと飛んで来た。

 世の中は変わった。入魂メールも一葉、二葉と数えてもらえるのだろうか。ちなみにこのような「ブログ」の数え方は、『メインの部分+下位ブログの全部=1ウェブログ』というらしい。なんかピンと来ない。今回は葉っぱ数枚分は思いを入れている。いや、もうちょっと葉が茂った感じ。1茂みとでもカウントしておくか。
[PR]
Commented by みんみん梅桜紫陽花彼岸花 at 2008-04-26 23:33 x
あのね、お姉さん!一葉、二葉・・・が、ひとは、ふたはっていうのはおもろいなぁ。そういう天然さって、このプログの命やね。ところで、葉って、いい字やろ。僕は好きやなあ。世界の上には草冠をいただき、世界の下には、木がしっかりと支えを今日もゲットできたことをうれしく思うよ。
Commented by vitaminminc at 2008-04-28 15:10
みん花さま。ほんまや~!「葉」の字の真ん中には「世界」がある~。草の冠をかぶった世界・・・なんか「アポロ神」のイメージが湧いてきます!
これだから漢字って好きだなぁ。わがムスメは今年度漢検2級に挑戦するようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by vitaminminc | 2008-04-26 18:53 | Comments(2)

日々の暮らしに「ん?」を発見
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31